前澤友作氏が発注した1点モノ「ロールス・ロイス」が完成! エルメスとのコラボ「ファントム・オリベ」とは

ブガッティやパガーニといったハイパーカーをコレクションしている前澤友作氏が、ロールス・ロイスとエルメスにオーダーした「ファントム」が完成した。

織部焼のテイストでボディカラーをオーダー

 ロールス・ロイス・モーター・カーズは、エルメスとのコラボレーションにより、華麗なビスポーク仕様の「ファントム・オリベ(織部)」を製作した。

 このファントムのオーナーは、日本人実業家の前澤友作氏。前澤氏は、このクルマを「陸のジェット(ランド・ジェット)」と呼び、プライベート・ジェットで移動するときの静けさと排他性を路上でも実現することを想定したという。

前澤友作氏がオーダーした、ロールス・ロイス「ファントム・オリベ」
前澤友作氏がオーダーした、ロールス・ロイス「ファントム・オリベ」

 ファントム・オリベは、英国ウエスト・サセックス州グッドウッドにあるロールス・ロイス・モーター・カーズの本社と、フランスのパリに拠点を置くエルメスのビスポーク・スペシャリスト・チームが共同でデザインし、手作業で製作した。

 印象的なツートンのエクステリアは、日本古来の陶器「織部焼」の熱心なコレクターである前澤氏の希望で、織部の特徴的な暗緑色とクリーム色の釉薬で彩られている。エクステリア上部はカスタマーのために特別に調合したビスポーク・カラー「MZオリベ・グリーン」で仕上げられており、前澤氏のプライベート・ジェットにも同じ塗料を使用できるようにしているという。

 グッドウッドのサーフェス・フィニッシュ・センターのスペシャリストが何か月もかけて開発したこの塗色は、16世紀の焼き物の特徴である光沢ある暗緑色の釉薬を見事に再現。エクステリアの下部は、美しさを締めくくるクリーム・ホワイトで仕上げられている。

 インテリアは主として「エルメス・エネア・グリーン・レザー」で仕上げられた。この素材はステアリング・ホイール、ダッチェス・ストラップというグラブ・ハンドル、ギア・セレクター、クライメート・コントロール設定用のロータリー・コントローラーなど、カスタマーが直接触れる細部に採用されている。

 さらに室内を包み込むように、エルメス・レザーをダッシュボード上部、インテリア・ピラー、リア・パーセル・シェルフに採用。また、グローブ・ボックスやラゲッジ・ルームのライニング、センター・コンソール、デカンタ収納部やシャンパン・クーラーなど、目立たない箇所にもエルメス・レザーを使用。このプロジェクトが両メーカーの真の共同作業によりおこなわれ、両ブランドの相互理解を示すものとして、グローブ・ボックス・リッドには「Habille par Hermes Paris(エルメス・パリによる装飾)」の文字が刻印されている。

 後部座席用ヘッドレストのクッション部分やカーフ・サポートには、繊細なエルメスのパイピングが施され、柔らかなシーシェル・ホワイトのアクセントと、色を合わせたラム・ウール製フロア・マットが、全体として明るく広々とした印象をもたらしている。

 インテリアにおいても、随所にロールス・ロイス・ビスポークのデザインや職人の技術が活かされている。たとえば木製スピーカー・グリルは、ドアに貼られたオープン・ポア・ロイヤル・ウォールナットのベニアに丁寧に穴あけ加工を施したもので、継ぎ目のない美しい質感と繊細な手触りを生み出している。さらに、センター・コンソール、リア・コンソール、ピクニック・テーブルの背面にもオープン・ポア・ロイヤル・ウォールナットが使用されている。

【画像】前澤友作氏がプライベートで使用する「ファントム」とは?(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. なんだか仏壇みたいな顔だな・・・
    で、個人タクシーならぬ故人タクシー御用達とかw
    またお叱りうけそうだけど止められないんだよ〜

  2. まぁいいんじゃないの?
    ただ日本人から巻き上げた金で他国の製品ばかり買って”精神的に大丈夫かね?”と思うけどな。
    まぁセンチュリーは売ってもらえないし、オーダーで勝手に色を作ってもいけないだろうけどな。
    だからこそ”品のない成金”になれるわな。

  3. どうせ金掛けるなら、ロールスロイスのクーペが公開されてたけど、あれを総西陣織とかハカランダとか世界で取り扱い出来ない品をこれでもかってくらい金使って世界で一台の車でもなんでも作れば良いのに?
    どこぞに有る有名ブランドの内装ですよって言う、ただの見栄っ張りじゃん?
    と、貧乏人のやっかみでした。
    でも、乗らない車何台あってもオブジェでしか無いだろ!