トヨタ・日産・ホンダが小型SUVで頂上決戦!? ヤリスクロス・キックス・新型ヴェゼルの違いとは?

昨今人気のコンパクトSUVですが、トヨタ「ヤリスクロス」、日産「キックス」に加え、2021年4月にホンダ新型「ヴェゼル」が登場します。それぞれのSUVにはどのような特徴があるのでしょうか。

コンパクトSUVでしのぎを削るトヨタ・日産・ホンダ

 いまもっとも勢いがあるカテゴリーのひとつといえばSUVです。そのなかでも売れ筋はコンパクトSUVと呼ばれるジャンルで、2020年にはトヨタ「ヤリスクロス」や日産「キックス」といったモデルが新たに発売されました。

 そして2021年4月には、ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」がフルモデルチェンジして2代目モデルが登場します。

 コンパクトSUVヤリスクロス、キックス、新型ヴェゼルは、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

ヤリスクロス・キックス・新型ヴェゼルの競争激化か?
ヤリスクロス・キックス・新型ヴェゼルの競争激化か?

 2020年8月に発売されたヤリスクロスは、同年2月にフルモデルチェンジしたコンパクトカー「ヤリス」をベースとしたSUVです。

 ボディサイズは全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mm。「ライズ」と「C-HR」の中間に位置するSUVです。

 ヤリスシリーズならではの「軽快な走り」「先進の安全・安心技術」「低燃費」を受け継ぎつつ、これからの時代に求められるコンパクトSUVの新たな価値を追求することを目指したといいます。

 外観デザインはアクティブで洗練された、バランスの良いプロポーションを実現。立体的なフロントビューが精悍な印象を与えるとともに、強調されたフェンダーによって踏ん張り感を演出するなど、SUVらしさを強調しているのが特徴です。

 内装はヤリスに準じた比較的シンプルなデザインですが、センターコンソールからディスプレイオーディオ(DA)にかけての縦方向の流れを強調することで、力強さを表現。シートやステアリングなどを適切に配置し、ヘッドアップディスプレイ(HUD)などを採用することにより、ドライバーの視線移動を最小限に抑えて運転に集中できるインテリアとしました。

 パワートレインでは、1.5リッターのガソリン車とハイブリッド車を用意。駆動方式はそれぞれ2WDと4WD(ハイブリッド車のみ電気式のE-Four)を設定しています。

 ガソリン車の4WDシステムとして、路面状況に応じた走行支援を3つのモードから選択できるマルチテレインセレクトなど、SUVの走りを堪能できる機能を搭載しているのも特徴です。

 燃費性能については、ガソリン車が17.4km/Lから20.2km/L、ハイブリッド車が26.0km/Lから30.8km/Lとクラス世界トップレベルの低燃費を達成しました(WLTCモード)。

 安全・安心技術についても、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備(X“Bパッケージ”を除く)。

 全車速追従機能付のレーダークルーズコントロール、アダプティブハイビームシステム(AHS)をはじめ、高度運転支援「トヨタチームメイト(アドバンストパーク)」を、ヤリスに続き採用しています。

※ ※ ※

 日産が2020年6月に発売した新型キックスは、それまでの「ジューク」に代わるコンパクトSUVとして日本市場に投入。

 もともとキックスは南米やアジアなどで販売されていた海外モデルでしたが、マイナーチェンジのタイミングで、10年ぶりの新規車種として日本へ導入されることになりました。

 全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mm。外観はグリル内部にクロームをちりばめた大型の「ダブルVモーショングリル」を採用した迫力のあるデザインです。

 フローティングルーフやシャープな形状のLEDヘッドランプが施されることで、力強くスタイリッシュなデザインへと仕上げました。

 内装は「モダンプレミアム」をコンセプトとし、肌触りの良いシートやインパネなどに上質さを感じさせるダブルステッチを施しています。

 さらにハンドルは、操作性の良いDカット型にするとともに本革巻を採用することで、スポーティさを強調しました。

 新型キックスのパワートレインは、1.2リッターガソリンエンジンを発電用に使うe-POWER車(ハイブリッド)のみのラインナップ。駆動方式は2WDです。

 e-POWERは「ノート」や「セレナ」にも搭載されていますが、キックスのe-POWERの最大出力を約20%向上。バッテリーやモーターなどの制御を磨き上げ、レスポンスが良く力強い走りを可能としています。燃費はWLTCモードで21.6km/Lです。

 キックスの安全装備は「プロパイロット」が全車に装備されています。

 ミリ波レーダーの採用によって、より遠くの先行車の状況を検知し、スムーズな制御をおこなうことでドライバーをアシスト。

 また、前方の状況を監視し、車両や歩行者との衝突回避・衝突による被害軽減を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などを標準装備しました。

 さらに、もしもの事故の際の自動通報はもちろん、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」も全車標準装備となります。

【画像】ヤリスクロス・キックス・新型ヴェゼルの違いをチェック(50枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント