世界初公開のトヨタ新型「86」、なぜスバル新型「BRZ」と発売時期にズレ? 性能大幅アップでどう進化?

2021年4月5日に世界初公開されたトヨタ新型「86」は、2021年秋の発売が予告されていますが、共同開発のスバル新型「BRZ」は2021年夏頃の発売で、発売時期にズレがあります。なぜ、発売時期に違いがあるのでしょうか。

スバル新型「BRZ」が先に発売される理由は?

 次期型スバル「BRZ」はアメリカで先行発表されたものの、共同開発のトヨタ「86」についての情報無し。先代モデルと同じ東京オートサロンでアンベールされるというウワサも流れたけれど、新型コロナによる開催中止のため発表の舞台が無くなりました。

 どうするのかと思っていたら、突如発表になりましたね! おそらく販売時期の見通しが立ったんだろう。

トヨタ新型「GR86」
トヨタ新型「GR86」

 ちなみにBRZと86(トヨタ「86」でなく「GR 86」となります)、当然ながら姉妹車種。外観の違いはフロントバンパーとヘッドライトの光り方のみ。それなのにBRZについては夏頃の発売、86が秋の発売となってます。

 なぜ販売時期に差が付いたのか? 漏れ伝わっている情報を信じるのなら、モリゾウさん(トヨタ株式会社・豊田章男社長)の承認を得られなかったからだという。

 御存知の通り86というモデル、スバル開発&生産のクルマながら、モリゾウさんが大切にしてました。トヨタのイメージ動画などにも86を駆るモリゾウさん、たくさん出てくるほど。

 ラリーで乗っている愛機も海外に持って行き、海外の要人をナビシートに乗せ激しい走りをするなど、本当に可愛がってましたね。当然ながら思い入れも強い。

 本来なら開発初期からモリゾウさんの意見を聞くべきだったろう。されど開発チームは社長としての業務が忙しいと慮ったらしい。実際、忙しいです。意見を聞くことなく開発をすすめ、仕上がった段階で「こうなりました」と試乗してもらったようだ。

 私なら、きっとさまざまな注文を付ける。100%自分の好みのクルマなんかありませんから。しかもモリゾウさん、トヨタのマスターテストドライバーでもある。

 ところが試乗したときは、すでに市販モデルとして仕様を決定しており、意見を取り入れられない段階だったという。当然ながら納得出来ないでしょうね! かくして「販売時期を遅延させてもいいから私の好みの乗り味に仕立ててほしい」になったのだろう。以上、100%私(国沢光宏)の憶測だということを断っておく。

 実際、次期型はBRZと86の乗り味がけっこう違うそうな。試乗を楽しみにしたい。おそらく86がラリー車のようなコントロール性と、どんな道でも破綻しないストローク感のある足回り。BRZはサーキットでのスタビリティを考えていると予想しておく。先代の場合“ほぼ”同じ味付けです。

【画像】スポーツカーとして激カッコよく進化! トヨタ新型「86」&スバル新型「BRZ」を画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント