全長5mSUV爆誕! 日産新型「パトロールニスモ」世界初公開! 迫力顔に刷新し中東で4月発売

2021年3月31日に日産の中東法人は、新型「パトロールNISMO(2021年モデル)」を世界初公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

日産最強SUV爆誕!? 「パトロールNISMO」ってどんなクルマ?

 日産の中東法人は、大型3列SUVの「パトロールNISMO(2021年モデル)」を2021年3月31日に世界初公開しました。
 
 日本には導入されていないパトロールですが、さらにNISMO仕様とはどのようなモデルなのでしょうか。

大迫力の日産顔!? 新型「パトロールNISMO」爆誕! 中東限定で2021年4月発売へ
大迫力の日産顔!? 新型「パトロールNISMO」爆誕! 中東限定で2021年4月発売へ

 初代パトロールは、1951年にデビュー。2021年で誕生70周年を迎えたことを記念して、今回発表されたパトロールNISMOが中東地域の限定で発売されます。

 新型パトロールNISMOは、ドバイで開催されている「Expo 2020ドバイ」のバーチャルイベントでお披露目。日産は、「印象的なエクステリアに高級車の洗練性とスポーツカーの爽快なパフォーマンスを兼ね備えている」と説明しています。

 2021年モデルとなった新型パトロールNISMOは、モータースポーツブランドとしての日産の伝統と、高性能車を愛する中東ユーザーの長年の声を反映しています。

 日産の象徴であるパトロールのプレミアム感と、パワーアップした動力性能や優れたハンドリングから得られる爽快感を同時に求めるユーザーのニーズや期待に応えるために開発されました。

 フロントデザインは、ハニカム構造の立体的なメッシュを採用した新しいフロントマスクとVモーショングリル、水平方向のクロームラインが存在感を際立たせています。

 リアデザインは、車幅を強調するためにシンメトリーなバンパーとし、ダーククロームのインサートと新しいテールランプを採用。また、日産のF1マシンからヒントを得たLEDリアフォグランプを搭載し、悪条件のなかでブレーキランプと同じ明るさで発光します。

 また、NISMOの特徴である赤いラインがモデルのベース部分の外周を覆い、その輪郭をより強調。

 内装は、豪華でありながらNISMOのレースの血統を表現しています。ゆったりとしたフロントシートは、ドライバーがクルマと一体になれるように配慮されており、プレミアムな品質とクラフト感のあるキルティングは、パフォーマンスとラグジュアリーさを演出しました。

 NISMOの最新のデザインのひとつである、レーシングカーに採用されているアルカンターラファブリックとサイドレザーの組み合わせが内装の豪華さを際立たせています。

【画像】超大迫力! 最強SUV「パトロールNISMO」がスゴイ! 全容を見る!(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. また爆誕wか。

  2. ・・ココまでやっておいて何故モニターサイズけちる❓️ オイルマネーのお国、ドカ~ンとデカイの付けて トヨタに勝負挑むべき❗ 人気では負けず販売で負けるのはその辺り