ついに新型「86/BRZ」2021年4月に初公開か? トヨタとスバルはどんな新型車を発表する?

トヨタとスバルは、2021年4月5日のオンライントークセッションで共同開発の新型車両を発表すると予告しています。いったいどんなクルマがお披露目されるのでしょうか。

両社が考える「走る愉しさ」象徴するクルマを公開へ

 トヨタとスバルは、2021年4月5日にオンライン上で「いっしょにいいクルマつくろう! トークセッション」を開催します。

 トークセッションのなかで共同開発の新型モデルを公開することが明らかにされており、どのようなモデルが公開されるのか期待が高まります。

トヨタとスバルは2021年4月5日にどんな新型車を発表するのか?(画像は2020年11月18日に公開された北米仕様のスバル新型「BRZ」)
トヨタとスバルは2021年4月5日にどんな新型車を発表するのか?(画像は2020年11月18日に公開された北米仕様のスバル新型「BRZ」)

 直近で、トヨタとスバルの共同開発車として注目を集めたモデルとしては、トヨタ「86」とスバル「BRZ」が挙げられます。

 東京モーターショー2009でコンセプトモデルとなる「FT-86コンセプト」が公開された後、ショーモデルとして数回の登場を経て2012年に発売されました。

 トヨタ版モデルの車名である「86」は、1980年代に販売され、人気自動車漫画に登場したことでも知られる4代目「カローラレビン/スプリンタートレノ 」の型式であるAE86型に由来しています。

 トヨタは「AE86型カローラレビン/スプリンタートレノ(通称:ハチロク)のように、お客さまに愛され、育てていただきたいという想いから命名しました」と説明しています。

 この2台は、発売から約4年が経過した2016年にはマイナーチェンジを受け、MT車のエンジンスペックが向上しました。

 今回、トヨタとスバルが発表する共同開発の新型モデルが2代目86/BRZなのか、現時点(2021年3月下旬)では明らかになっていません。

 しかし、公開される新型モデルはトヨタとスバルが目指す「走る愉しさ」を象徴するモデルになっていると両社は説明しており、いまから期待が高まります。

 それではここでクイズです。

 トヨタとスバルの共同開発によって誕生した86/BRZに搭載されるエンジンの種類は次のうちどれでしょうか。

【1】直列エンジン

【2】水平対向エンジン

【3】V型エンジン

【4】ロータリーエンジン

※ ※ ※

 正解は【2】の水平対向エンジンです。

 水平対向エンジンは、86を除くと4輪車では世界でスバルとポルシェのみが採用を続けているエンジンで、ピストンというエンジンの部品が水平方向に往復する様子がパンチを打ち合うボクサーの動きに見えることから「ボクサーエンジン」とも呼ばれます。

 ちなみに、BRZの車名はBOXERエンジン・Rear Wheel Drive・Zenith(究極)の頭文字に由来します。

トヨタ・86 のカタログ情報を見る

スバル・SUBARU BRZ のカタログ情報を見る

【画像】ついに新型「86」公開なるか!? 2020年11月に公開された北米仕様の新型「BRZ」を画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント