ゴードン・マレーがドライブ! 究極のスーパーカー「T.50」が実走行テストに

マクラーレン「F1」の生みの親であるゴードン・マレーが手がける「T.50」が、ついに実走テストに入った。ステアリングを握ったのは、ほかでもないゴードン・マレーだ。

「T.50」がいよいよ実走テスト

 2017年11月、ゴードン・マレーの50年にわたる自動車の設計を祝する展覧会、「ワン・フォーミュラー」で、初めて生産プロジェクトが発表されたのが「T.50」であった。

●「XP2」と名づけられたプロトタイプ

ゴードン・マレー自らが「T.50」をドライブした
ゴードン・マレー自らが「T.50」をドライブした

 ゴードン・マレーの代表作といえば、まず名前が挙がるのはマクラーレン「F1」のロードカーだろう。T.50は、まさに最新のテクノロジーによって21世紀に復活を遂げたF1ロードカーともいえた。

 当然のことながらT.50プロジェクトに注がれる視線は熱く、トータルで100台に限定される生産枠には、すでにすべてカスタマーが決定している。

 実際の生産は2022年1月からスタートする予定だが、この100台の生産が終了した後には、25台限定でサーキット専用モデルの「T.50sニキ・ラウダ」の生産がおこなわれるスケジュールとなっている。

 2021年3月15日、ゴードン・マレー、そしてゴードン・マレー・オートモーティブ社、ゴードン・マレー・デザイン・リミテッド社にとって特別な日となった。

「XP2」と呼ばれる──マクラーレン時代もそうであったように、2台目となるランニング・プロトタイプの走行テストが、サリー州ダンスフィールドにあるトップギアテストトラックでおこなわれたのだ。

【画像】ついに走った! ゴードン・マレー「T.50」とは(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ゴードン・マーレイ開発と言うことでマクラーレンF1の臭いがしますね。最近、ハイパースポーツカーばかりでスーパーカーが出てこなかったので、ようやく出て来たかって感じ…個人的にはこういう軽いクルマが大好き。やっぱり扱いやすいからね。