ホンダ新型「ヴェゼル」は日産「キックス」に迫れるか? 小型SUV対決の行方は?

2021年4月にフルモデルチェンジして発売されるホンダ新型「ヴェゼル」が注目を集めています。コンパクトSUVとしてヴェゼルのライバルとなる日産「キックス」とはどのような点が異なるのか、両車の特徴を比較してみます。

新型ヴェゼルが2021年4月に発売! キックスとの違いは?

 ホンダ「ヴェゼル」が2021年4月にフルモデルチェンジして、2代目モデルへと一新されます。

 数多くのSUVが各自動車メーカーからラインナップされていますが、最近はコンパクトなボディのSUVが人気です。

 新型ヴェゼルもコンパクトSUVに属するモデルですが、同じカテゴリの日産「キックス」との違いを検証してみます。

左:日産「キックス」/右:ホンダ新型「ヴェゼル」
左:日産「キックス」/右:ホンダ新型「ヴェゼル」

 ホンダと日産は、両社とも2車種のSUVをラインナップしており、ホンダはヴェゼルと「CR-V」、日産はキックスと「エクストレイル」を販売。

 そのなかでヴェゼルとキックスは、コンパクトSUVの競合車種ということになります。

 2014年に登場した従来型ヴェゼルは都会派SUVの代表として人気を博し、日本自動車販売協会連合会が発表する登録車販売台数ランキングにおいて、2014年、2015年、2016年、2019年と4度のSUV販売台数ナンバー1を獲得。

 洗練されたデザインや広い荷室、室内空間が幅広いユーザーから支持を得てきました。

 新型ヴェゼルは「AMP UP YOUR LIFE(アンプ アップ ユア ライフ)」をコンセプトとして、シンプルさとSUVの力強さを兼ね備えたデザインへと生まれ変わります。

 ボディサイズについては明らかになっていないものの、従来型ヴェゼルの全長4330-4340mm×全幅1770-1790mm×全高1605mmとあまり変更していないとホンダは説明。

 立体感のあるボンネットやシャープなLEDヘッドライト、ボディ同色のルーバーグリルなど、堂々としたスタイルを採用しており、車格以上の存在感を放っています。

 リアのデザインも一新され、横一文字に光るリアコンビネーションランプを備えるなど、先進的な印象へと生まれ変わりました。

 また、手を触れずに施錠開錠および開閉ができる「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約クローズ機能付)」を搭載(グレード別装備)し、使い勝手も向上しています。

 内装は水平基調のインパネでスッキリとした視界を確保するとともに、洗練されたインテリアを実現。

 身体に触れる場所に柔らかなソフトパッドを配置したり、シートの素材にこだわるなど、心地よい空間が広がります。

 さらに、ルーフには大きな「パノラマルーフ」を装備(グレード別装備)。大開口ながら日差しの熱のほとんどをカットするLow-Eガラスを採用し、開放感のある室内を実現しました。

 対するキックスは、コンパクトSUVの先駆けといえる日産「ジューク」と入れ替わるように2020年6月に発売。

 もともとキックスは南米やアジアなどで販売されていた海外モデルでしたが、マイナーチェンジのタイミングで、10年ぶりの新規車種として日本へ導入されることになりました。

 キックスのボディサイズは、全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mmと新型ヴェゼルと同等です。

 キックスの外観は、内部にクロームをちりばめた大型の「ダブルVモーショングリル」を装着するとともに、フローティングルーフやシャープな形状のLEDヘッドライトなど、力強くスタイリッシュなデザインです。

 内装は「モダンプレミアム」をコンセプトとし、肌触りの良いシートやインパネなどに上質さを感じさせるダブルステッチを施しています。

 さらにハンドルは、操作性の良いDカット型にするとともに本革巻を採用することで、スポーティさを強調しました。

 また、カテゴリートップクラスのフロントウィンドウ見開き角と低いウエストラインにより、運転席は開放感ある視界を実現しています。

※ ※ ※

 新型ヴェゼルは、従来モデルから引き続き、リアドアのノブがCピラーに内蔵されていることも特徴のひとつとなります。

 一方日産は、ジュークにCピラー内蔵のドアノブを採用していましたが、キックスではリアドアにノブを配置しています。

【画像】新型「ヴェゼル」vs「キックス」ホンダと日産の小型SUVを見比べる(47枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ヴェゼルとキックスがさも同等の商品力ですよと書いているように見えるが…ピュアガソリングレードの有無、ハイブリッドシステムの駆動方式の差異に敢えて触れていないあたり、悪意を感じるな。