在庫車「手元にあるとマズい」なぜ? 3月は車を「お得に買えるかもしれない」これだけの理由

統計資料などを見ると自動車の販売は3月がピーク。売れる時期だからこそ「値引きが期待できない」と考えがちな一方で、クルマを売りたい販売店の事情もあり、じつは3月はお得なこともあります。いったいなぜなのでしょうか。

3月中に売り切ってしまいたい理由とは

 3月は1年を通してクルマがもっとも売れる時期です。新生活に備えてクルマを購入する人が多いことや、多くの企業が決算期ということもあって、クルマの広告があふれお店もたくさん売りたい時期です。

 売れる時期だからクルマの値引きも期待できないという考えもある一方、反対に3月はお得といわれることもあります。

 なぜなら、決算で販売店としてはクルマをたくさん売りたい時期であると同時に、手続き的に3月中に売ってしまいたい事情があるからです。いったいどういう事情があるのでしょうか。

なぜ合計価格と異なる金額となる? 価格の仕組みとは(画像はイメージ)
なぜ合計価格と異なる金額となる? 価格の仕組みとは(画像はイメージ)

 どの商売でも同じことですが、決算期にはたくさんの売り上げを積み重ねたいものです。自動車メーカーや販売店の決算は3月末が多く、決算に備えてクルマをたくさん売りたくなります。

 販売店は目標台数をクリアすることで得られる報奨金もあるため、販売台数を稼ぐためには大幅値引きをして、販売することもあります。そのため、3月は値引きが大きくなる可能性があります。

 とはいえ、クルマの場合は契約日ではなく、登録や届け出をして名義変更やナンバープレートが付いた日が基準となるため、手続きにかかる時間を逆算すると3月末ぎりぎりではなく、遅くとも1週間前くらいが契約のリミットになってきます。

 そして、新車の場合、希望のグレードやカラーのクルマが販売店の在庫にあることが条件です。これから製造するとなると、3月に入った段階では間に合わない可能性も高いです。中古車の場合も希望のクルマが売り切れてしまう可能性もあります。

 次に中古車店では、決算期以外に3月ならではの事情として、4月1日に所有していると自動車税がかかるため、3月中に新しいオーナーの名義にしておきたいということがあります。

 とくに軽自動車の場合は、月割などの制度がなく、4月1日時点の所有者にだけ請求されます。販売店としても売り切ってしまいたいところです。

 また、車検が残った中古車の場合、仕入れたクルマの名義変更を保留しておき、売れた時点で変更する販売店もあります。

 3月中に買い手が見つかって新所有車に登録できればいいですが、もし、3月中に名義変更できなかった場合には仕入れ元に税金の請求書が届いてしまうことになります。

 そういった事情から3月中に販売店自身に名義変更などをする必要があり、手続きの手間がかかります。販売店にはクルマを3月中に売り切ってしまいたい事情がたくさんあるのです。

【画像】中古車は購入前にココを確認! 意外と気づかない部分はドコ?(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント