ホンダ新型「ヴェゼル」の価格判明!? ヤリクロ・キックス等と比較! 気になるなら販売店へ!

2021年2月18日にワールドプレミアしたホンダの新型「ヴェゼル」。ディーラーではさまざまな情報が出てきたようです。自動車ジャーナリストの国沢光宏氏が競合車との比較を含めた「傾向と対策」を紹介します。

新型ヴェゼルの情報が出てきた。ライバルと比べてどう?

 2021年4月23日発売となるホンダ新型「ヴェゼル」の価格などはディーラーへ配布開始。
 
 すでに見積もりを取っている人もたくさん出ており、装備を含めすべての情報が出回り始めています。
 
 発売前ながら、新型ヴェゼルの購入について競合車との比較を含めた「傾向と対策」などお届けしたいと思う。早い納車を希望しているなら、すぐディーラーへ。

新型ヴェゼル、ディーラーに情報が出てきた? 早く納車したいならすぐにディーラーにGO
新型ヴェゼル、ディーラーに情報が出てきた? 早く納車したいならすぐにディーラーにGO

 ということで価格です。スターティングプライスはガソリン車の「G」となり、227万9200円。

 先代ヴェゼルのガソリン車Gが211万3426円のため、16万6千円の値上げ。

 ただ新型ヴェゼルは、LEDのフォグライトとアルミホイールが標準になるため、実質的に10万円くらい高くなったイメージ。4WD仕様も22万円高で案外リーズナブルです。

 ガソリンGと同じ装備内容となるハイブリッド車の「e:HEV X」は265万8700円。先代ヴェゼルの同等グレードが250万5555円だから、ガソリン車と同じイメージで考えれば良いと思う。

 ハイブリッド車で「いいね!」をしておきたいのは、評価低いツインクラッチ式ハイブリッドシステムから、コスト掛かった日産「e-POWER」と似たシステムの2モーター式になったことです。

 ハイブリッド車の最上級グレード「e:HEV Z」になるとブラインドスポットセンサーや(GとXにはオプションでも装着出来ない)、18インチアルミホイール、シートヒーターなど加わり289万8500円。

 先代ヴェゼルのZが276万0186円で、ブラインドスポットセンサー無しの17インチタイヤということを考えたら、ほとんど同じだと思う。

 売れ筋になりそうなのは、ナビやパノラマルーフを標準装備する「e:HEV PLaY」(ハイブリッドFFのみの設定。329万8900円)。

 ハイブリッド車Zにメーカーナビを付けたのとほぼ同じ支払い金額になるため、皆さんPLaYを選ぶことになるんじゃなかろうか。

 大雑把な総支払い額で350万円というイメージ。これを高いと思うかどうかは、ライバルとの価格差ですね。

 同じBセグメントでガチのライバルとなるトヨタ「ヤリスクロス」の場合、質実剛健をよしとするなら189万6000円のガソリン車「X」でまったく問題無し。

 アルミホイールやLEDヘッドライトこそ付かないものの、カメラ+レーダー式の衝突被害軽減ブレーキシステムを装備し、7インチ液晶まで付く!

 つまり新型ヴェゼルだと227万9200円のガソリン車Gを買ってもナビは必要だが、189万6000円のヤリスクロスであればスマートフォンさえあればナビも不要となる。

 ハイブリッド車の最上級グレードかつ装備を同等にした場合の比較も、新型ヴェゼルの289万8500円に対しヤリスクロス263万3500円となり、26万円くらいの差がある。リアシートの居住性を26万円と評価する?

 居住性まで考えるなら、同じBセグメントの日産「キックス」が良い勝負。価格も286万9900円(X ツートーンインテリアエディション)となる。新型ヴェゼルの価格、キックスを強くイメージしたんじゃなかろうか。

 ちなみにキックスはブラインドスポットセンサーがオプションでも選べない。4WDの設定無し。客観的に評価すると、新型ヴェゼルのほうが商品力あると思う。

【画像】エアロ仕様は輸入車風デザインに? 新型ヴェゼルのカスタムモデルを見る!(37枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. この人の評価って偏りがひどくなって最近は読まなくなりました。一世代前の無塗装剥き出しパ-ツで安っぽい車や脈動音の気になる3気筒車、一世代前e-POWERとなって売れていないキックス、まだ半年も先の発売予定となっただけで価格も不明な車と比べてもしょうが無いでしょう。今回、EV・ハイブリッド・エンジン走行と効率を考慮した3モード新世代ヴェゼルの発売直前なんでまずは試乗してみないと誰もわからない。

  2. どのみち車はモーターになるのでこの先5年は、ハイブリッドならどんな方式でもいいじゃないかと思います。
    自分の好みやライフスタイルに合った車を選び最後のエンジンフィールを楽しんでおこうと思います。

  3. 雉沢のホンダ潰しはエグいねぇ。何やっても反対。逆にトヨタは何やっても絶賛(爆)トヨタから相当貰ってる。バカかコイツ。

  4. プロの方が書いてこの記事も…
    この記事も最近ではクルマを受け取った側も「納車した・しました」って言うんですか?

  5. ヤリスクロス?キックス?
    ガキみてえな車と一緒に車ダメでしょ。どう見ても格上のハリアーを脅かす車じゃん。
    てか同じセグメントのヤリスクロスとキックスが安物過ぎ。

  6. 発売前から相変わらずホンダ潰しの記事。私なら迷わずCXにするとか、日本発売すると正式アナウンスされていないカローラクロスを待ってとか、買わせないようにする印象操作が酷い。
    自動車評論家と言うのに、この偏向的な内容はいかがなものかと思う。

  7. この人相変わらずのホンダ潰しの記事ですね。『自分なら迷わずCX』とか、まだ日本発売が正式にアナウンスされていないカローラクロスを待ってとか、ヴェゼルを買わせないようにする印象操作が酷いですね。
    こんな偏向的な公平性に欠ける内容、自動車評論家としていかがなものかと思う。トヨタにいくら貰っているのやら。

  8. ヒドイ記事。この手のホンダ潰し良く見るけど最近の車の比較ってセグメントばっかりで質感とか実用性の比較がかなりおざなり。トヨタ車に限っては後席の居住性なんて度外視してほぼ2人乗りにしか使えないレベルでも全く触れてない。ヤリスクロスなんか明らかに比較対象に入らない。インテリアの質感、居住性、シートアレンジ、エクステリアの質感。土俵が違う。アレはコンパクトSUVの最チャチの車。CX-30は中身に金かけて外身をプラスチックにしてコスト抑えた車。そもそもCXシリーズはフロントばっかりでリアに気を使ってない。カローラクロスはどちらかと言うとホンダが手放した1世代前のCR-Vと似たような車格だからヴェゼルと比べるのは筋違い。純粋に競合車はキックスと最近全く売れてないCH-Rでしょ。そこ触れないの?

  9. 記事を見る限りはホンダのことが嫌いなんだろうなって内容ですね。
    CX-30の方が安全装備も2ランク上とか言ってますがヴェゼルのベースグレードにも後方の衝突被害軽減ブレーキ付いてますからね。

    ろくに調べもせずにドヤ顔で誤った情報を載せてまだ発売されてもない車の評価下げるとかジャーナリストが聞いて呆れますね。

    また、Z選ぶならみんなPLaYを選ぶんじゃないかとか世間と感覚がズレすぎ。みんながみんなそんなちょっと奇抜なグレードばかり選ばないでしょ。
    販売されてからグレード別の販売割合が楽しみですね。