話題の新型SUV 新型「ヴェゼル」と比較! ヤリスクロスやキックスと違いはナニ?

昨今人気のコンパクトSUVですが、ホンダの新型「ヴェゼル」が2021年4月に発売されます。では、現在判明している情報において、ライバルとなるトヨタ「ヤリスクロス」、日産「キックス」とではどのような違いがあるのでしょうか。

新型ヴェゼルの広さや使い勝手を比較してみた!

 ホンダのコンパクトSUVとなる新型「ヴェゼル」は2021年2月18日にワールドプレミアされました。
 
 このフルモデルチェンジで外装や内装の質感が大幅に向上しましたが、事実上のライバルとなるトヨタ「ヤリスクロス」や日産「キックス」とは、使い勝手においてどのような違いがあるのでしょうか。

後席&荷室の使い勝手が良いのはどれ?(上:ヤリスクロス。中:新型ヴェゼル、下:キックス)
後席&荷室の使い勝手が良いのはどれ?(上:ヤリスクロス。中:新型ヴェゼル、下:キックス)

 それぞれ世界的にはBセグメントに分類されるコンパクトなSUVですが、今回は、それぞれの後席居住性や荷室容量、使い勝手を中心に比較していきます。

 新型ヴェゼルは、初代モデルよりも全体のフォルムを直線基調のスタイルに変更し、直線のルーフラインがリアタイヤ上部まで続いていることで、後席の頭上空間にゆとりができ、窮屈感を感じにくい空間となっています。

 居住性は、先代ヴェゼルと比べてシート背もたれの角度を適切にすることで、頭上空間が広く感じられるほか、膝周りのスペースも拡大したといいます。

 実際に身長170センチの男性が後席に着座しても頭上や膝周りに余裕があり、背もたれの角度も違和感ありません。

 一方のヤリスクロスは、トヨタのコンパクトカー「ヤリス」と同じGA-Bプラットフォームを採用したヤリスシリーズの一員です。

 ヤリスシリーズは、前席の居住性を優先するような設計が基本となっていることもあり、後席の居住性は新型ヴェゼルほどの余裕はないものの、身長170センチの男性が着座しても窮屈感はそこまでありません。

 キックスは、日産が国内市場に10年ぶりのブランニューモデルとして投入したコンパクトSUVです。

 パワートレインは、新型ヴェゼルやヤリスクロスがガソリン車/ハイブリッド車を設定しているのに対して、キックスは日産のハイブリッド車の「e-POWER」のみというのが特徴といえます。

 キックスの前席ならび後席の居住性は、コンパクトSUVとしては余裕のある空間を確保。身長170センチの男性が後席に着座して快適に過ごすことが可能です。

※ ※ ※

 なお、後席のユーティリティ面では、グレードにより異なるものの新型ヴェゼルではエアコン送風、USB電源(2個)、センターアームレスト(ドリンクホルダー2個)を装備。

 ヤリスクロスでは、センターアームレスト(ドリンクホルダー2個)、キックスではUSB電源(2個)などが装備されています。

【画像】決めてはナニ? 新型ヴェゼル・ヤリクロ・キックスを比較する!(81枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント