ジムニー並みの車高を誇る「コペンSUV」爆誕! 雪道走破可能なモデルが登場

軽オープンというとダイハツ「コペン」やホンダ「S660」しか新車販売されていませんが、カスタムの方向性としてストリートやサーキットが中心です。しかし、兵庫県のコペン専門店ではあえて「コペンSUV」を誕生させました。

ハイリフトコペンが生まれた理由は「雪道をコペンで走りたいから」

 ダイハツ「コペン」は、現在数少ない2シーターオープンモデルで、カスタム手法としてはストリートやサーキットが中心です。
 
 しかし、兵庫県のコペン専門店は車高を上げてハイリフト化に挑戦。なぜハイリフト仕様のコペンが生まれたのでしょうか。

スポーティな2シーターオープンのダイハツ「コペン」。SUV化で悪路もお構いなし!
スポーティな2シーターオープンのダイハツ「コペン」。SUV化で悪路もお構いなし!

 コペンは、2002年に初代モデルが発売され、2021年2月現在販売されているモデルは2代目にあたります。

 コンセプトは「あなたの翼を広げるオープンスポーツカー」とされており、クルマとひとつとなって走る楽しさを感じることができる1台として人気を博しています。

 カタログ写真のコペンの背景には街中やサーキット、峠道などが使われており、コペンをカスタムする際もストリートやサーキットが多く見受けられます。

 一見、林道やオフロードとは無縁のように思えるコペンですが、兵庫県のコペン専門店「も。ファク」では、車高を上げてハイリフト化した「コペンSUV」を開発。

 キット化して販売しているといいますが、なぜコペンをSUV化したのでしょうか。

 コペン専門店「も。ファク」代表の森本氏は次のように説明しています。

「コペンSUVを開発した一番の理由は、雪道でもコペンを走らせたいという思いからです。

 コペンをカスタムする場合、運動性能を上げるために車高を下げたり、空力性能を上げるためにフロントバンパーなどを変更する人が多いのですが、そういったカスタムだと雪道には適していません。

 自分自身、コペンに乗って雪道を走りたいという考えが元々あり、試行錯誤の末キット化できる組み合わせを見つけました」

※ ※ ※

 コペンのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1280mmと非常にコンパクトなサイズ感となっています。

 このベースとなるボディに専用のキットを取付け、スズキ「ジムニー」用のタイヤを組み合わせることで純正よりも約20cm地上高を挙げることができるそうです。

 ジムニーの最低地上高が205mmということを考えると、ジムニーと同様に雪道でも安心して運転できます。

【画像】これが最強コペン? SUV化された驚愕なモデルを見る!(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 凄いなー、まるでエンジンRCバギーだ!

  2. 近所の中古車屋に
    2年近くASKのまま
    並んでますが?

  3. タイヤの大径化に伴うファイナルの変更はやってあるのかな?
    じゃないとオンでさえもmatomoni走れないと思う。

  4. X90を感じる…