ホンダ新型SUV「ヴェゼル」はヤリクロにどこまで迫れる? 価格次第で爆売れか

ホンダが2021年4月に発売予定の新型「ヴェゼル」は、競合車となることが予想されるトヨタ「ヤリスクロス」と比較してどんな特徴や違いがあるのでしょうか。

「そよ風」作り出す新設計のエアコン吹出口を採用

 ホンダが2021年4月に発売予定の新型「ヴェゼル」は、国内コンパクトSUV市場ではトヨタ「ヤリスクロス」と競合することが予想されます。それぞれ、どのような特徴や違いがあるのでしょうか。2021年2月時点で新型ヴェゼルについて判明している情報を元に、両車を比較します。

ホンダ新型「ヴェゼル」
ホンダ新型「ヴェゼル」

 2021年2月現在、ホンダは新型ヴェゼルの詳細スペックを公開していませんが、ボディサイズについては現行モデル(全長4330-4340mm×全幅1770-1790mm×全高1605mm)から大きく変えていないと説明します。

 一方、ヤリスクロスのボディサイズは全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mmで、ヴェゼルよりひとまわり小さいです。

 新型ヴェゼルの外観デザインは、跳ね上がるキャラクターラインが特徴的な現行モデルからうってかわり、水平基調のデザインを採用。塊感のあるデザインで、洗練された存在感を放ちます。フロントグリルはボディ同色という珍しいデザインです。

 ホンダによるとSUVの力強さとクリーンさの両立が図られたといい、グランドコンセプトの「AMP UP YOUR LIFE(アンプ アップ ユア ライフ)」に則ったデザインに仕上がりました。

 ヤリスクロスの外観デザインを見ると、新型ヴェゼルと同様に水平基調なデザインではあるものの、強調されたフェンダーがSUVらしさをアピール。

 デザイン思想として「Robust&Minimalist」が掲げられていることからもわかるように、ワイルド感の強さがヤリスクロスの持ち味といえるでしょう。

 新型ヴェゼルの内装は、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の考え方に基づき、視線移動の軽減や動線に沿って操作類を配置。全体的にすっきりとしたデザインで、エアコン操作部はタッチパネル式からダイアル・ボタン式へと改められています。

 またエアコン吹出口に新設計の「そよ風アウトレット」を採用したほか、パノラマルーフを採用するなどの特徴があります。

 ヤリスクロスの内装はセンターコンソールからディスプレイオーディオに向けての縦方向の流れを強調することで、力強さを表現。またヘッドアップディスプレイの採用により、視線移動を最小限に抑えた設計としました。

 なお、スマートフォン連携が可能なディスプレイオーディオがヤリスクロスには標準装備され、トヨタのコネクティッドサービスも用意されていますが、新型ヴェゼルに搭載されるディスプレイも「ホンダコネクト」に対応しています。また、スマートフォンがキーの代わりになる「Hondaデジタルキー」などが電気自動車「ホンダe」に続いて搭載されます。

【画像】サイズ据え置きで存在感UP! ホンダ新型「ヴェゼル」を画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント