「ぜひ試乗して判断を!」 日産新型「ノート」の良い・悪い部分とは

2020年12月24日に日産新型「ノート」がフルモデルチェンジ。4WD仕様に先行して2WD仕様の発売が開始され、納車されている人も出ています。そうしたなかで、自動車ジャーナリスト・国沢光宏氏が新型ノートに「初試乗!」。新型ノートの良し悪しを解説します。

新型ノート、人によって感覚差がある?

 新型コロナ禍で一般的な試乗会を開催出来なかった日産の新型「ノート」ながら、やっと広報車両の個別貸し出しが始まった。

 すでにディーラーでは普通に試乗出来るばかりか、納車されたユーザーも多数いると思う。

 遅ればせながら新型ノートのレポートをしてみたい。「メディアの評価を待ってから購入しよう」と考えている人の役に立てたら嬉しい。

第二世代e-POWERを搭載した新型ノート。その評価はいかに?
第二世代e-POWERを搭載した新型ノート。その評価はいかに?

 まず全体的な印象から。試乗車は218万6800円の「Xグレード」。新型ノートの上級グレードです。

 衝突被害軽減ブレーキ(通称:自動ブレーキ)や前後の接近警告ソナー、スマートキー、オートエアコン、ニーエアバッグまで含む安全装備などすべて標準のため、ディーラーオプションのナビを付ければ不満無く乗れる。

 けれど試乗車は、バック時の自動ブレーキ(後退時車両検知警報)や斜め後方危険警報(後側方衝突防止支援システム)、大型ナビやプロパイロット、LEDヘッドライトなど約83万円(内外装セット:33万5500円、快適機能:7万3700円、ナビ・プロパイロット関連機能:42万200円)や特別塗装ボディカラー、ディーラーオプションのフロアマットなど含めて約107万円のオプション付きです。

 つまり325万円のクルマということになります。218万円と325万円のクルマだと要求品質がまったく違ってくる。

 新型ノート、325万円だと考えると少しばかり厳しいかもしれません。

 例えば、リアコンビランプなど、驚いたことに手で押すとカタカタ動く。

 車体パネルの隙間(いわゆるチリですね)もバラバラ。ボンネットの先端なんか「開いてる?」と思うほどです。

 インテリアもベッタリした樹脂。リアのシート地や形状は325万円となれば「う~ん」。

 装備内容が同等となる同じ欧州Bセグメントに属すプジョー「e208」の上級グレード(423万円。東京都なら補助金を使えば325万円)と比べたら安っぽい感じ。

 同じ装備内容のトヨタ「ヤリスクロス(ハイブリッド)」より30万円くらい高いです。

 325万円のクルマとして評価すると非常に厳しくなりそうなので、今回は、218万円のベースグレードを考えてみたい。

 今回の新型ノートから全車e-POWER(日産のハイブリッド)になった。また、この新型ノートのe-POWERから第二世代へと変わった。ということでスタートボタンを押すと軽快な音階を奏でて起動。エンジンは掛からない。

 Dレンジをセレクトしアクセル踏むと、通常だとエンジンが掛からず走り出す。当然ながら静かで滑らか。とっても快適です。

 200mくらい走ってエンジンが掛かった。先代e-POWERより明らかに静か。

 先代だとエンジンが掛かった瞬間に賑やかでガッカリしたが、新型ならハイブリッド車として納得出来るレベルになった。

 ドライバビリティ(追い越し加速など)は良好です。

 反応の鈍いホンダ「フィット(ハイブリッド)」を相手にせず、大幅にレスポンス良くなった新世代トヨタにも勝るレベル。

 街中で使うような加速であればアクセル開けた瞬間に納得出来るレベルの速度を得られると思う。

 このあたりは電気自動車感覚といって良かろう。

 アクセル全開の加速は、システム出力116馬力のトヨタ「ヤリス」優位です。

 新型ノートもシステム出力116馬力ながら、車重が160kg重い。とはいえ街中を普通に走っている限り、スポーティと評価されているヤリスと互角といえる。

【画像】新型ノートをいきなりカスタム!? 「色」にこだわったzilyoseカスタム仕様!(46枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

中山淳 へ返信する コメントをキャンセル

18件のコメント

  1. なんだこれ?オプション付いてたら評価できんとは。こんな奴呼ぶなよ。

    • オブラートに包んでるんじゃん。
      オプション付けたら同価格帯の車とは比較にならんってw

    • 評価が出来ないなんて言ってないよ。
      厳しくなるって言ってる。
      恥をかくから、細かい事でいちいち怒らない方が良いよ。

  2. 「日産車のなかでも一番乗り心地悪い」
    100%同意します。

    特に「後部座席」。
    座面は、薄い、高さも足りてない。
    乗り心地は、ガツッガツッとくる。
    人を安楽にさせることを考えていない設計だ
    と思いました。

    e-power はトルクがありすぎて、
    FF だと足を堅めないとならない。
    その代償でそうなってるのでしょう。

    4WDなら少しはましなのでしょうか?

  3. 質感の低いレビュー内容

    • 他のヒョーロンカ様は褒めるしかしないが、キッチリと悪い所も珍しく指摘してるじゃん。
      乗り心地の悪さはエコタイヤなんざ履いてるせいもあるだろう。

  4. 100万円盛った所で200万円台が一気に300万円台レベルの車輌質感になる…なんて誰も思わないでしょう。装備が充実するだけです。

    • いらんオプション抱き合わせ過ぎ。
      個別に選べるようにすべきだろ。

  5. 試乗して判断して、というのはそういうことかと ファミリーカーとして買うなら家族を乗せて試乗して

  6. 初代リーフ前期→リーフ30→先代ノート前期
    と乗ってきて感じることは、新型ノートが“日産車で1番乗り心地が悪い”だけは違和感しか無いです。
    試乗して先代ノートより明らかにドア、ハンドルのしっかり感、街乗りで角の取れた乗り心地は感じた。リーフに近づいた。
    他の点は、同じ感想かな。
    あと文章の勢いが、強くおすすめ出来ないを醸し出してる。OPつけると高額だから?
    一方ヤリスクロスの記事後席が狭くても“超いいね!”と文章に勢いがある。

  7. 実車を見てきたけど、デザインが全く刺さらなかったよ。試乗する以前の問題でした。どこが悪いのかな?
    ホンダのジェイドってあったでしょ?
    あれにフロントがそっくり。
    ホンダなら、なぜか許せるけど、日産車だとどうも買う気にならないんだよなあ。

  8. まあ、異論はないけどね、
    何が国沢氏の評論がダメかと言えば、
    評価軸がはっきりせず曖昧で具体的なイメージを連想できるレポが出来て無い。
    私見でモノを言っており読む側の立場での評価がろくに出来ていない、
    ライバルとしてヤリスと比較するもそれぞれのポイントにおいて優劣を付けずお茶を濁し、
    アダプティブクルーズコントロールについてなどはカタログスペックを見たままの比較しか書いてない。
    その上で結局は試乗して選んでくださいと言うのは評価を放棄してるような物。
    これって試乗レポとして意味あるの?ってくらい、お粗末な内容でしょう。
    自動車評論家という肩書は返上した方が良いんじゃないでしょうか?

    • それも情報の修正か?お前ポジションって理解できる?

    • キサマNISSANの刺客?

  9. 国沢さんは、
    新型ノートは200万円の価値である、と言ってるだけ。実に分かりやすいだろ?
    俺は読んでオプションを極力つけないで買ったると思ったね。
    中身がスカスカなのは河口まなぶ。
    比べてみなよ
    国沢さんの方がずっとマトモだし、各方面にも造詣が深いし、一本スジが通ってる。
    しかもナイスガイだ。

    • ナイスガイ?
      各自動車誌でほぼ毎回変なポーズの写真載せてるおっさんが?
      良く言えば『お茶目』なんだろうけどね。

  10. 国沢氏は相変わらずのトヨタの太鼓持ち。今回はノートを使って、ヤリスヨイショ。乗り心地でディスっているようで、いろいろフォローしているし。
    そもそも実際に購入する時ヤリスとノートを比較する人ってあんまりいないのでは?

  11. 自動車評論家やレーサーの話なんてのは空手の通信教育程度にあしらっとけばいいね
    皆さんが買う車を試食して美味しいなら買えばよい!
    但し!本当に欲しい物を手に入れてもらいたい。