最新は最速! ポルシェ新型「911 GT3」の予約開始は4月から

2021年2月16日、ポルシェAGは、新型「911 GT3」を発表した。サーキットまで自走でき、サーキット走行を楽しむことができる究極の911の実力はいかに。

恐ろしく速い「GT3」がさらに速くなった!

 ポルシェから、「GT3」と呼ばれる自然吸気のハードコアモデルが初めて世に送り出されたのは1999年のことだった。ベースとなったのは初の水冷水平対向6気筒エンジンを搭載する996型「911」。実際にサーキットへと投じられたGT3は、さまざまなカテゴリーで勝利を積み重ね、ここでのノウハウが次世代のGT3へと受け継がれるという、きわめて魅力的なルーティーンも完成した。

●第4世代? それとも第7世代?

ニュルブルクリンクのノルトシュライフェのラップタイムは、先代よりも17秒速くなった「911 GT3」
ニュルブルクリンクのノルトシュライフェのラップタイムは、先代よりも17秒速くなった「911 GT3」

 911GT3はこれまで、ベースとなる911のフルモデルチェンジに伴って、996型、997型、991型へと進化を遂げてきたが、モデルライフ途中で大幅なマイナーチェンジが実施されるのもまた恒例のパターンだった。

 従ってGT3のジェネレーションは、今回誕生した最新の992型GT3で大きく見れば第4世代、マイナーチェンジを含め細かく進化の過程を振り返れば第7世代に相当する。

 参考までに最新モデルの開発時に掲げられたコンセプトは、「これまで以上にモータースポーツへと近づくこと」。このコンセプトはデビュー以来、世界各国のレースで多くの勝利を収めている「911RSR」から積極的な技術導入を図ることを意味しており、事実ニュルブルクリンクのノルトシュライフェを、ニュル専用セッティングを施すことなく、6分59秒927というラップタイムを達成したのだ。これは先代GT3に対して17秒も速いタイムになる。

 さっそくその驚異的な速さの秘密に迫っていこう。これだけの速さを実現するには、まずはエアロダイナミクスの最適化は重要な課題になる。新型GT3では、スワンネックの大型リアウイングやディフュザー、完全にフラット化されたリアアンダーパネルなど、こちらも911RSRから受け継いだテクニックは数多い。

 ボディサイズは4573mm×全幅1852mm(ミラーを含むと2027mm)×全高1279mmとけして小さくはないが、Cd値は0.34に抑えられており、これに2.08平方メートルの前面投影面積を乗じた0.71平方メートルが空気抵抗の数値となる。走行中に発生するダウンフォースは、ポルシェによれば先代モデルの4倍。もはや新型GT3は、完全にエアロダイナミクスで走るクルマになったという印象だ。

【画像】最新は最速である「911 GT3」とは(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント