SUV王者復活? ホンダ新型「ヴェゼル」登場間近! 日産「キックス」に影響ある?

ホンダの人気コンパクトSUV「ヴェゼル」の新型モデルが、2021年2月18に世界初公開されます。そんななかで、ライバルとなる日産「キックス」にはどのような影響が考えられるのでしょうか。

賛否の分かれたe-powerオンリー構成こそ、今後の武器に

 2021年2月18日に、ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型モデルが世界初公開されます。
 
 すでに先行特設サイトが公開されているほか、TwitterやInstagramで新型ヴェゼル公式アカウントが作成され、3000人から4000人のファンがフォローしています。

e-POWERのみを設定するキックス。新型ヴェゼルの登場でどのような影響があるのでしょうか。
e-POWERのみを設定するキックス。新型ヴェゼルの登場でどのような影響があるのでしょうか。

 2021年時点でコンパクトSUVとして日本市場で販売されているのは、ホンダの現行ヴェゼルを始め、トヨタ「ライズ」「ヤリスクロス」「C-HR」、日産「キックス」、マツダ「CX-3」「CX-30」「MX-30」、スバルは「XV」、三菱「RVR」、ダイハツ「ロッキー」、スズキ「ジムニーシエラ」「エスクード」など激戦区ともいえるジャンルです。

 今回は、そのなかでも2020年6月に日産が10年ぶりのブランニューモデルとして日本市場に投入したキックスへの影響を見ていきます。

 現行ヴェゼルは、2013年12月に発売されました。日本自動車販売協会連合会が発表する登録車売台数ランキングでは、2014年、2015年、2016年、2019年でSUVジャンルにて首位に輝きました。

 一方のキックスという車名は、かつて2008年に三菱の軽自動車「パジェロミニ」のOEM車として「キックス(KIX)」として発売されていましたが、新たに登場したキックス(KICKS)とは異なるモデルです。

 現行キックスは、2016年にブラジル市場を皮切りに北米や中国、東南アジア市場でガソリン車を販売。また、インドでは独自のガソリン仕様車で展開されるなど、国や地域によって異なり、日本に導入されたキックスはタイで生産されているモデルです。
 
 日本のキックスは、日産のハイブリッドシステムである「e-POWER」かつ2WDというラインナップとなります。

 2020年6月の発売から同年12月では1万8326台を販売。タイからの輸入ということもあり初動は大きく稼げなかったものの、年末にかけて台数を伸ばしていきました。

 キックスの販売動向について、首都圏の日産販売店スタッフは次のように話します。

「現在、キックスの納車目安は、グレードやオプションによって1か月から3か月となっていますが、コンスタントに売れているという印象です。

 キックスを購入されるお客さまは、SUVならではの使い勝手はもちろん、e-POWERによる燃費性能、デザインという2点で選ばれることが多い印象です。

 とくに、2トーンカラー車は人気で、代表的なオレンジとブラックの組み合わせだけでなく、すべてのタイプで売れ行きが好調です。

 なお、市場全体でもSUVはブームとなっているため、最近のお客さまは、『小さなSUV』を検討される傾向が増えています。

 発売当初はキックスという名前が聞きなれないという人も多かったですが、最近では知名度も上がっていますので、これからますます販売を伸ばしていければと考えています」

※ ※ ※

 全4種の2トーンカラーも人気とのことで、前出とは別の販売店スタッフも「多い時期では5割近くが2トーン」という割合で売れているようです。

 ちなみに、キックスは直近の2021年1月の新車販売台数ランキングでは15位(4667台)となっています。

 コンパクトSUV市場の盛り上がりによって、着々と順位を上げているのも事実のようです。

【画像】新型ヴェゼルの先行公開画像と日産「キックス」を比べてみる。(37枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. このサイトではキックスに4WDがあると何度も記載してますが、
    どこの国で設定があるんでしょうか?
    当方が確認した限り他国では1.6NA、1.5NA、1.2e-powernの
    いずれも駆動方式はFFしか確認出来ませんでした。
    URLを貼って教えていただけませんか?

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  2. キックスの売りがe-powerだけなら新型ヴェゼルのが良さそう。
    e-powerより高性能なeHEVが付いてるからねぇ。
    まぁデザインと価格にもよると思うけど。

  3. 確かに、日産e-Powerの操作感覚は今のところ唯一無二かもしれませんが、ホンダe:HEVは三菱PHEVと並びその上位互換のようなハイブリッドシステムです。
    あくまで予測ですが、更には4WDやガソリンモデルも設定される見込みです。
    記事上で日産関係者がそのことに触れていないのは、システムやラインナップの構成上では不利になっていることがわかっているからなのではないかと感じてしまいます。