迫力ボディに思わず二度見? ワイドすぎるコンパクトカー3選

より速いクルマを開発するため、トラクション性能と旋回性能を向上させる手法として、グリップ力が強化されるワイドタイヤの装着とトレッドの拡大が挙げられます。そのために必要なアイテムとしてオーバーフェンダーがあり、ワイドボディ化されたクルマも存在。そこで、コンパクトカーながら迫力あるボディのモデルを3車種ピックアップして紹介します。

ワイドフェンダーで武装したコンパクトカーを振り返る

 レーシングカーやスポーツカーなどの「速い」クルマを開発する際に、動力性能と同じくトラクション性能と旋回性能を向上させる必要があります。その手法として、グリップ力が高いワイドタイヤの装着やトレッドの拡大が挙げられます。

コンパクトカーをベースに迫力あるボディに仕立てられた珠玉のマシンたち
コンパクトカーをベースに迫力あるボディに仕立てられた珠玉のマシンたち

 ワイドタイヤの装着やトレッドの拡大は、古くは1960年代のレーシングカーでおこなわれており、市販車をベースしたマシンの場合は、オーバーフェンダーが装着されてワイドボディ化が図られました。

 近年も同様の手法で仕立てられたハイパフォーマンスカーが存在。そこで、コンパクトカーながら迫力あるボディのモデルを3車種ピックアップして紹介します。

●ルノー「クリオV6ルノースポール」

レーシングカーの手法でつくられたリアミッドシップカーの「クリオV6ルノースポール」
レーシングカーの手法でつくられたリアミッドシップカーの「クリオV6ルノースポール」

 ルノーは1990年に「5(サンク)」の後継車として、3ドアと5ドアハッチバックのFFコンパクトカー「クリオ」を発売しました。

 日本では登録商標の関係から「ルーテシア」の車名に改められ、2020年秋から5代目が販売されています。

 クリオはベーシックカーとして開発されましたが、これまでも「R.S.(ルノースポール)」に代表される高性能モデルをラインナップ。

 そして2001年には2代目クリオをベースに、リアミッドシップに230馬力を発揮する3リッターV型6気筒自然吸気エンジンを搭載した「クリオV6ルノースポール」が登場しました。

 クリオV6ルノースポールはキャビンの後半部分がエンジンルームとなっており、2シーター化され、外観はスタンダードのクリオのイメージを残しつつも、大きく張り出した前後フェンダーによって迫力あるフォルムに変貌。

 トランスミッションは6速MTのみで、0-100km/h加速は6.4秒、最高速度は237km/hというパフォーマンスを誇りました。

 2003年にはクリオのマイナーチェンジとともにフロントフェイスを一新し、日本にも「ルーテシア ルノースポールV6」として正規輸入され、当時の新車価格は588万円(消費税5%込)と、かなり高額でした。

●トヨタ「GRヤリス」

トヨタの持てる技術が惜しみなく投入されたラリーマシンレプリカの「GRヤリス RZ」
トヨタの持てる技術が惜しみなく投入されたラリーマシンレプリカの「GRヤリス RZ」

 トヨタを代表するコンパクトカー「ヴィッツ」が、2020年4月にフルモデルチェンジをおこない、名前をグローバルで統一する「ヤリス」となって新たな歴史が始まりました。

 そしてヤリスをベースに、トヨタが世界ラリー選手権(WRC)に参戦して培った技術を惜しみなく投入した4WDスポーツカーが2020年9月に発売された「GRヤリス」です。

 トップグレードの「RZ」に搭載されるエンジンは、大型の空冷インタークーラーを装備した新開発の1.6リッター直列3気筒ターボで、最高出力272馬力、最大トルク370Nmを発揮。

 3リッター自然吸気エンジン並のパワーは6速MTを介して4輪で路面に伝えられ、運動性能と加速性能はまさにラリーマシンを彷彿とさせます。

 ボディはヤリスと同様なシルエットながら専用の3ドアハッチバックのみで、前後フェンダーは迫力あるオーバーフェンダーを採用してワイドトレッド化。

 新製法のカーボン製ルーフを採用し、ボンネットとドアパネルにはアルミ製とするなど、ターボ化と4WDシステムを搭載しながら1.2トン強の軽量なボディを実現しています。

 なお、外観はRZと同様ながら、1.5リッター自然吸気エンジンにCVTを組み合わせたFFの「RS」も設定され、ハイパフォーマンスカーの雰囲気が手軽に味わえるモデルとなっています。

【画像】ド迫力のボディがヤバい! ワイドフェンダーのコンパクトカーを見る(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント