欧州での2020年新車販売台数は24%減! 12月は1993年以来の低水準

自動車産業の世界的な調査会社であるJATOジャパンが、2020年12月の欧州の自動車市場についての最新レポートを公開しました。

新型コロナウイルス感染拡大によるロックダウンが影響

 自動車産業の世界的な調査会社JATOジャパンが、2020年12月の欧州の自動車市場についての最新レポートを公開。前年同月比3.8%減と、さらなる落ち込みで2020年を締めくくったと発表しました。

フォルクスワーゲン「ID.3」
フォルクスワーゲン「ID.3」

 欧州27か国のデータによると、2020年12月の新車販売台数は前年同月比3.8%減の121万2858台でした。これは11月よりも小さな減少となっていますが、通年での累計販売台数は24%減の1194万1633台となり、全体的な減少傾向を相殺するには至りませんでした。

 最後に新車販売台数が1200万台を下回ったのは、1182万台を記録した1993年です。JATO DynamicsのグローバルアナリストであるFelipe Munoz氏は「業界は2019年の最後の数か月ですでに衰退の兆しを見せていたが、新型コロナウイルスの感染拡大は、これらの既存の傾向を加速させた。消費者がクルマを購入できないロックダウン状態にあることから、市場は前例のない環境に移行しているのだ」と述べています。

 2020年12月の販売台数の減少は、イタリア、フランス、イギリスでSUVが2桁の減少となったことに起因しており、ピュアEV(BEV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)が大幅に増加したにもかかわらず、ディーゼル車やガソリン車の販売台数が伸び悩んだことに加え、需要自体が減少したため、市場全体での減少傾向が続いています。

 2019年12月の結果と比較すると、SUVのマーケットシェアは41.7%から40.2%に縮小しています。販売台数は48万7560台で、サブセグメントとして最大であるコンパクトSUVの11%減に続き、7.2%の減少を記録しました。

 Munoz氏は「最近SUVの成長が停滞しているのには、ふたつの重要な要因がある。第1に、数か月間の継続的な成長の後に、SUVの新規販売台数が横ばいになる可能性は常にあったこと。第2に、欧州各国の政府による新たな電動化の推進により、市場の関心がSUVから遠ざかっていて、とくに購入可能なSUVのピュアEVがまだ非常に少ないことが挙げられる」と続けました。

 また、実際の販売台数もハイブリッド車(HEV)とマイルドハイブリッド(MHEV)を含めても、ガソリン車とディーゼル車の需要はそれぞれ23%減少し、ピュアEV(BEV)とプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)の需要が271%に増加するなど、対照的な結果となっています。

 一方で、電気自動車とディーゼル車のギャップは縮小し、BEVとPHEVを合わせたシェアが24.1%なことに対し、ディーゼル車は24.7%でした。

 これは、電気自動車が市場全体の6.3%に過ぎなかった2019年12月と比較すると、とくに顕著な結果となっています。

【画像】2020年12月の欧州の自動車市場のイメージを画像で見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント