次期GT-Rは電動モンスターへ進化!? ハイブリッドかEVか? 新型モデルの行方は

2022年騒音規制によって存続が危ぶまれている日産「GT-R」ですが、次期型の計画がひそかに進んでいるようです。一体どのようなモデルへと進化するのでしょうか。

水面下で進められている「次期GT-R計画」とは

 日産は事業構造計画「NISSAN NEXT」で、2021年度中に12の新型車を投入すると発表しました。
 
 しかし、そのなかに含まれていないモデルが存在します。それは「GT-R」です。

次期GT-Rはどう進化?
次期GT-Rはどう進化?

 2007年に現行モデルのR35型が登場してから14年が経過。常に進化と熟成を続けてきたGT-Rは、現在も世界トップレベルのパフォーマンスを備え、少量ながら安定の販売台数を誇っているものの、さすがに古さが隠し切れない状況です。

 イタルデザインとのコラボレーションで生まれ、随所に次期GT-Rのヒントが隠されているといわれている「GT-R50 by Italdesign」も発売中ですが、99万ユーロ(約1億2430万円)で限定50台が計画通りに売れていないと話も聞こえています。

 GT-Rはこのまま消えてしまうのでしょうか。

 じつは次期GT-R(R36型?)の計画は存在しており、プロジェクトは水面下で進められているといいます。

 とはいえ、限られたメンバーでコンセプトメイクをおこなっている状況で、社内にもプロジェクトチームの存在は知られていないそうです。そのため情報やウワサ話が外に洩れて伝わってこないのです。

 すでに開発責任者も決まっています。歴代GT-Rの担当者を振り返えると、良くも悪くも「強い個性とカリスマ性」、「意志を絶対に曲げない」、「サラリーマンらしくない」といった強烈な個性と求心力を持った人ばかりでしたが、次期GT-R計画を知る数少ない関係者によると「担当は彼しかいないと思う」と語っています。

【画像】1億円超の限定GT-Rがカッコイイ! 一人乗りGT-Rやパトカーも存在!?(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント