ホンダ「N-ONE」全面刷新でもデザイン不変? なぜMT追加!? 異例づくしの狙いとは

2020年11月にフルモデルチェンジして2代目へと進化したホンダ「N-ONE」ですが、デザインはほとんど変わっておらず、中身が刷新されたといいます。全面刷新にもかかわらず、外観のデザインを大きく変えなかった理由は何なのでしょうか。

新型「N-ONE」 なぜデザインがほぼ変わっていないのか?

 2020年11月にフルモデルチェンジして2代目となったホンダ「N-ONE」。

 パッと見たところ、外観のデザインはあまり変わっていないのですが、一体どこがフルモデルチェンジしたのでしょうか。

中身が大きく進化したホンダ新型「N-ONE」
中身が大きく進化したホンダ新型「N-ONE」

 2代目へ進化したN-ONEはプラットフォームとパワートレインが一新。中身は大きく変更したにも関わらず、エクステリアはキープコンセプトです。

 その理由についてホンダは、「当初はスタイルを変えるという話も出ていましたが、N-ONEユーザーはこのデザインを気に入って乗っていただいていることもあり、『N360』から継承したスタイルを変えずに進化させました」と説明しています。

 新型N-ONEは、丸・台形・四角をモチーフにした個性的なデザインですが、スタイルは変えずに先進性を取り入れられています。

 N-ONEのデザインのなかでも特徴的な丸型ヘッドライトはフルLED化し、デイタイムランニングランプにポジションランプ、ターンランプ、ハザードランプを兼ねたマルチファンクション発光リングを軽自動車として初採用しました。

 リアコンビランプもフルLEDとなって視認性が向上。テールランプとターンランプは四角いダブルリングで大きく発光する、新たなデザインも取り入れられています。

 控えめながらセンスが光る変更がほどこされたデザインとなった新型N-ONEですが、じつは車高が先代よりも低く設定されているといいます。

 先代モデルで2015年に追加された低全高モデル「ローダウン」と同じ全高1545mmとすることで、立体駐車場も利用できる高さになり、利便性も向上しました(2WDのみ)。

※ ※ ※

 内装も変更され、ホールド性の良いセパレートシートを採用し、ドライバーが運転に集中できる空間を追求しました。

 また、シンプルで視認性に優れた2眼コンビメーターには小さなN-ONEのアイコンが隠れているなど、遊び心のある演出も楽しめます。

【画像】変わらないのがイイ! でもちょっと変わった新型「N-ONE」をチェック(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント