「乗りたい」何%? トヨタ165万円EV「シーポッド」に賛否両論! 「せめて…」の声も

トヨタが2020年12月25日に限定発売を開始した超小型EV「シーポッド」。100万円台の価格設定や超小型ボディなどの特徴で注目を集めましたが、一般ユーザーは新型シーポッドのどんなポイントに注目しているのでしょうか。

8割近くのユーザーが「乗ってみたい」と回答

 トヨタが2020年12月25日に限定発売を開始した超小型EV「シーポッド」は、165万円から(消費税込)という価格設定や、2人乗りの超小型ボディで登場したことなどから大きな注目を集めました。
 
 一般ユーザー向けを含めた本格販売の開始は2022年を予定しているといいますが、一般ユーザーは新型シーポッドのどのような点に注目しているのでしょうか。

トヨタ新型EV「シーポッド」
トヨタ新型EV「シーポッド」

 今回、くるまのニュースでは2021年1月7日から14日までの期間、SNS上でアンケートを実施。SNSユーザーの生の声を調査しました。

 まず、超小型モビリティとして登場する新型シーポッドの見た目について、「すごくカッコ良いと思う」「まあまあカッコ良いと思う」「あまりカッコ良いとは思わない」「まったくカッコ良いとは思わない」の4択で質問したところ、「すごくカッコ良いと思う」と回答したユーザーは7%、「まあまあカッコ良いと思う」と回答したユーザーは34.9%にのぼりました。

 一方、「あまりカッコ良いとは思わない」と回答したユーザーは30.2%、「まったくカッコ良いとは思わない」と回答したユーザーは27.9%存在。

 新型シーポッドのデザインについては、好意的ではない意見のほうが多い結果となっています。

 しかし「あなたは新型シーポッドに興味がありますか? また乗ってみたいと思いますか?」という質問をしたところ、デザインへの評価とは違う結果が出ました。

「とても興味があり、ぜひ乗ってみたい」「まあまあ興味があり、機会があれば乗ってみたい」「あまり興味がなく、乗ってみたいとはそれほど思わない」「ほとんど興味はなく、乗ってみたいとは思わない」の4択で質問したところ、「とても興味があり、ぜひ乗ってみたい」と回答したユーザーの割合が27.9%、「まあまあ興味があり、機会があれば乗ってみたい」と回答したユーザーの割合が51.2%を記録。

 あわせて79.1%の人が、一度新型シーポッドに乗ってみたいと回答する結果となっています。

 ちなみに、「あまり興味がなく、乗ってみたいとはそれほど思わない」と回答したユーザーの割合は11.6%、「ほとんど興味はなく、乗ってみたいとは思わない」と答えたユーザーの割合は9.3%でした。

 回答したユーザーに理由を聞くと、好意的な声としては「新しい規格に大変興味があり、その動力性能や乗り心地を試してみたいと思うから」「EVは小型のシティコミューターとしての位置付けが一番適していると考えているため」「セカンドカーとして、これ以上ないほどのものであるから」という意見がありました。

 また、「トヨタから出るクルマなので興味がある」という声もあったほか、「カーディーラーで働いており、今後の自動車業界を表していると感じた」という、販売の現場に立つスタッフならではの意見もありました。

 一方、見た目に関しては「正直にいうとデザインはいかにも実用一辺倒な感じで、乗ってみたいと思わせてくれないデザイン」と評価する声もあったほか、性能や装備について「(ベース仕様では)クーラーはオプションだし、バッテリー容量も少ない。2年後の一般販売ってこのままなら、一般ユーザーは買わない」「せめて、電池性能の向上を待ってから出してほしかった…」という声もありました。

※ ※ ※

 全長2490mm×全幅1290mm×全高1550mmという小型ボディ、150kmの航続距離(最高速度が制限されたEVに用いられるWLTCモードクラス1)、消費税込165万円からという特徴を持つ新型シーポッドについて、トヨタは発売を機に「協調」の姿勢でオープンに仲間を募り、新たなビジネスモデルの構築を目指していくとしています。

 前述のカーディーラースタッフもコメントしていたとおり、新型シーポッドは今後の自動車業界を占う一台になるといえるでしょう。

【画像】トヨタの軽自動車キラー!? 165万円EV「シーポッド」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

14件のコメント

  1. デザインコンセプトは
    まんま
    かつてのスマートパクリじゃん?

    なのに、狭まった全幅から、不安定さだけが際立つ

  2. シティコミューターとしたら、こんなもんじゃないのかなあ。補助金が付くのかどうか分からないが、それを入れて100万円位なら、現在あるクルマから乗り換えてもいいかな?(オントシ84歳の高齢ドライバー)

  3. 相も変わらずこのようなアンケートは
    作為誘導的ですね、
    「あなたは新型シーポッドに興味がありますか? また乗ってみたいと思いますか?」という質問だと、
    SNS上でアンケートって興味もった方が答えてる訳だし
    買って所有する気は全然無いけど一度は興味本位で乗ってみたいと思う程度の方も
    yesとするだろうから乗ってみたいとの評価が多くなるのは必然。
    これが、「あなたは新型シーポッドに興味があり、 また購入して乗りたいと思いますか?」
    だったらかなりyesとする方は減るでしょう、
    こういったものは設問の仕方次第で
    良くも悪くも設問側の都合の良い評価に誘導操作できるからね。
    当てにならないデータだと理解した方が良い。

  4. 2シーターなんだから
    コペンみたいなミニスポーツに
    デザイン変えてくれたら売れるのでは?

  5. 通勤だけなら興味はある・・2台目としてならだけど。
    ただ、運転にストレスかかりそう。

  6. 車椅子で暮らす家族がいる。
    休みの日に乗せて郊外の散策に連れ出したい。
    後ろに車椅子が固定できる3人乗りのEVなら
    購入してもいい。
    航続距離よりも価格を安くして欲しい。

  7. アイミーヴじゃダメなのか?

  8. 1.最高速度60kmは,多分実際に一般道を走っていると邪魔になる気がする。
    2.もし事故を起こしたときに乗車している人への被害が大きそうな気がする。
    3.お年寄りが運転して間違えて高速道路に入ってしまいそうな気がする。
    よって,自分では乗らないし,他の人にもあまり乗ってほしくないと思う。

  9. トヨタなんで乗らない。

  10. 自動車保険等級が引き継げるかと、軽から買い換えた時に維持費が安くなるかが気になります。

  11. とても興味ありますね、通勤にコムス使っていますが2名乗れないのと寒冷地ではウインドデフロスターが無いのが最大の欠点だけど、EV車は充電インフラから見てもシティコミューターの普及から進めるべきだと思う航続距離は空調使って80km走れば十分、航続距離求め大容量バッテリーの充電インフラは簡単には整いません安全支援をしっかりすれば燃料費が安いってプリウス乗ってる高齢者には最適では?プリウスミサイル事故も減るしね

  12. とても興味ありますね、通勤にコムス使っていますが2名乗れないのと寒冷地ではウインドデフロスターが無いのが最大の欠点だけど、EV車は充電インフラから見てもシティコミューターの普及から進めるべきだと思う航続距離は空調使って80km走れば十分、航続距離求め大容量バッテリーの充電インフラは簡単には整いません安全支援をしっかりすれば燃料費が安いってプリウス乗ってる高齢者には最適では?プリウスミサイル事故も減るしね

  13. 通勤にコムスを使って4年目ですが、乗り換えるとすれば現時点で最有力候補ではすね、シティコミューターにはこのサイズのEVは最適です、空調も冷房とウインドデフロスター(コムスは寒冷地では窓の内側に霜がついて視界不良になる)使って80km走れば十分

  14. 自分で乗ろうとは全く思わないが、妻にはいいかと思って勧めてみたが、エアコン暖房なしのところで100%なしとなった。こんな車なのでそんな距離より、快適性と安全性と耐久性です。
    60キロの車で遠出は無し。車に興味のない人、特に女性をなめたら多分こけます。ダイハツさんに相談しよう。
    アルファードも軽四も同じ人間が乗ってますよ。