冬の凍結路を夏タイヤで走行するのは危険! 緊急時に備えたい物とは

寒い冬に気をつけたいのが、路面の変化です。雪はもちろんですが、路面の凍結に注意が必要です。冬用タイヤのスタッドレスの有効性や、いざというときに活用できる緊急対策グッズを紹介します。

路面が凍結しやすい場所はどこ?

 冬になると、路面の凍結に注意が必要です。路面に広がった水の層が冷えて凍るのが凍結路ですが、これは雪が降ったときだけでなく、雨や霜が蒸発せずに路面に残り、凍結してしまう場合もあります。

 気温が氷点下になると、雪や雨も降っていないのに凍結する場所もあります。

 凍結路を走行するうえで、注意すべきことはどのようなことなのでしょうか。

凍結した路面を走行するときは慎重に
凍結した路面を走行するときは慎重に

 凍結しやすい道や場所は、「トンネルの出入り口付近」や「橋の上」、「交差点」「坂道」、「カーブ」、「日の当たらない場所」など、高速道路でも一般道でも、普段走行している場所も含まれます。

 交差点では、多くのクルマが発進と停止を繰り返すことで路面の雪が圧縮され、「アイスバーン(ミラーバーン)」と呼ばれるツルツルの状態になりやすいものです。

 また坂道では、場所によっては日差しが当たらなかったり、上方で溶けた水が下に伝う途中で吹きさらされやすくアイスバーンができやすいといえます。

 とくに雪や雨が降ったあとの深夜や朝方は、放射冷却現象で空気中の水分が冷やされて霧が発生。霧(水蒸気)が路面に付着し、路面にできた薄い水の膜が凍結し、アイスバーンになりやすいのです。

 そうなると夏タイヤでは路面をしっかり捉えることができず、滑ってしまいます。

 さらに周囲の暗い時間帯では路面状況も視認しにくく、いつ滑ってもおかしくない状態となって危険です。

 ちなみにマンホールの蓋なども凍結しやすいので、上を通過するときは慎重に走行しましょう。

【画像】金属・ゴム・布…さまざまなタイプのタイヤチェーンをチェック(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ダブルタイヤもダブルチェーンだね、ダブルの外側だけ巻いても外側が一度かじったらチェーンを巻いてる外側のタイヤが浮いてしまうからね。そうすると巻いてない内側だけが雪に接地して空回りですから。