「速いのは俺だ!」 最速は時速325キロ!? 速すぎる国産車3選

国産車において最高速度が高いクルマを3台紹介します。

TOP3は時速300キロ超え…一番はどのモデル?

 クルマ好きであれば、一度は「速さ」を求める気持ちがあります。しかし、日本の公道では、高速道路などで基本は100km/h、最近でこそ一部区間で120km/hです。
 
 一方、ドイツでは有名なアウトバーン(速度無制限)区間が存在。そうしたなかで、国産車においてもっとも最高速度が高いモデルはなんなのでしょうか。

国産車最速を誇るのは…どれ? レクサス「LFA」、日産「GT-R」、ホンダ「NSX」
国産車最速を誇るのは…どれ? レクサス「LFA」、日産「GT-R」、ホンダ「NSX」

●3位:ホンダ「NSX」

 ホンダを代表するスーパースポーツモデルとして有名なのが「NSX」です。

 初代「NSX」は、1990年から2005年の販売終了まで約15年間販売。新車価格は900万円から1300万円となっていました。その後、2016年に2代目となるNSXが登場し2420万円です。

 パワートレインは、3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジン+ハイブリッドシステム(最高出力581馬力)を搭載。年式や国や地域によって異なりますが、カタログ上では最高速度308km/hとなっています。

 ハイブリッドシステムには、エンジンをアシストするダイレクトドライブモーターが1基、前輪を左右独立で駆動・制御するツインモーターユニットが2基、合計で3基のモーターを搭載。

 エンジンだけでは補えないパワー域をモーターの力を合わせることにより、スタートから最高速まで途切れることなくパワフルな加速を実現しています。

 なお、現行NSXの日本での販売はすでに終了しており、今後の販売については時期を見てアナウンスされるようです。

ホンダ・NSX の中古車をさがす

●2位:日産「GT-R」

 世界中にファンが多い日産の「GT-R(R35)」。R35までのGT-Rは、「スカイラインGT-R」となり、1969年に初代モデル(PGC10/KPGC10)が登場して以降、2002年の5代目モデル(BNR34)まで続きました。

 その後、2007年に現行GT-R(R35)が登場。2020年現在まで、毎年のように年次改良を重ね、世界中のスーパースポーツと性能競争で競い合ってきました。

 現在GT-Rのパワートレインは、3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジン(最高出力570馬力/最大トルク65.0kgfm)を搭載し、最高速度309km/h。

 NISMO仕様では最高出力600馬力、最大トルク66.5kgfmとなり、欧州仕様のカタログ上では最高速度315km/hを発揮します。

 2020年12月現在では、標準モデル(Pure/Black/Premium)が1082万8400円から1277万2100円。「Track edition engineered by NISMO」は1463万6600円です。

 NISMO仕様は2420万円と、価格も世界のスーパースポーツと張り合う設定となっています。

日産・GT-R の中古車をさがす

【画像】これが「GT-R・SUV」! 地上最強マシンを見る!(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. あ〜車を男にしか例えられない未熟さよ・・・

    • これ当人は知的で理解あるコメントやったと思ってるんでしょうね
      実際は単なるアスペルガーなんですよね
      誇れるものが零細工場長であることだけらしいので
      こんなものなんでしょうけど

    • 誇れるものが零細工場長であることだけらしい?
      前にも知識浅い肉体労働者と診断されたが二十歳で工場長が意外に効能があるようだね
      自分の尺度で他人を変人と診る奴は何症候群なんだろか?w

  2. なんだ、データ上の紹介記事か。
    走らせてみたのかと思った。
    だまされたな、こりゃ。

  3. 30年前はの雑誌みたいだ。
    最高速だのゼロヨンだの昔はその数値で競っていたけど今どきナンセンス。