マシュメロみたいなブガッティ「ボライド」のヘッドライトの秘密とは?

過激で妥協を許さず、最新。新生ブガッティの歴史のなかでもっとも先進的なハイパースポーツカーのデザインを形作るものとは?

ブガッティ・ボライドのデザインに込められたものとは

 ブガッティの原動力となる創造力は、才能あふれるデザイナーたちのチームが、優れたデザイン遺産に向き合った成果といえるだろう。この野心的な取り組みは、1920年代から30年代にかけてブガッティがレース活動で築き上げた数々の栄光という、豊かな歴史の上に築かれており、また一方、技術革新の限界を押し広げる実験をも見据えたものだ。

 フランスの高級車ブランドの新たな歴史のなかでもっとも過激なクルマのコンセプトとして、卓越・勇気・献身という企業のコアバリューに沿って進んでいったブガッティ「ボライド(Bolide)」のデザインの道のりは、それ自体がインスピレーションなのである。

かつてのレーシングカーが、事故の際にガラスの散乱を防ぐためヘッドライトに貼っていたテープの「X」がモチーフとなっている
かつてのレーシングカーが、事故の際にガラスの散乱を防ぐためヘッドライトに貼っていたテープの「X」がモチーフとなっている

「形態はパフォーマンスに従う」というブガッティのデザイン理念のもと、新たなハイパースポーツカー、ボライドは「もしも?」という大きな問いに答えている。

 もしもブガッティが、象徴的な8.0リッターW16エンジンを搭載して、パワーウェイトレシオに何の制限もない超軽量なクルマを作ったとしたら? その結果が、モダン・ブガッティにおいてもっとも過激で一切の妥協なく、最速、最軽量のコンセプトカーである。

 同社謹製のW16エンジンは1850psを出力し、F1カー並みのパフォーマンスを発揮。最高速度は500km/hをはるかに上回り、最高のハンドリングと軽快さには妥協がない。

 ブガッティの最新ハイパーツスポーツカーという野心的な実験を後ろで束ねるために、弱冠27歳のデザイナー、ニルス・ザヨンツが不可欠な存在だった。ボライドのチームで働く前に、すでにザヨンツはいくつもの限定モデルのデザインに携わっており、2018年発表の「ディーヴォ(Divo)」、2019年3月発表のワンオフモデル「ラ・ヴォワチュール・ノワール(La Voiture Noire)」、同年8月発表の「チェントディエチ(Centodieci)」などの実現に貢献してきた。

 5人チームで働きながらザヨンツがボライドのデザインで示した勤勉さ、成熟度、粘り強さによって、彼は最近ブガッティ・デザインの特別プロジェクトの責任者に昇進している。

 ザヨンツは語る。「ブガッティ・ボライドのデザインに取り組むのは驚異的な体験でした。ボライドは私たちのデザインチームの表現力を結集したものです。

 サーキットに焦点を合わせたハイパースポーツーカーがブガッティにとって最善の次のステップだと考えて、ボライドは私たちのデザインの指針の優れた例となっています。それは過激であり、先進的であり、現代的であり、つまりブガッティが意味する全てです。

 ブガッティは決して立ち止まらず、私たちはいつも心を奮い立たせる次なる目標を探しています」

 ザヨンツは2015年にインターンとしてブガッティのデザインチームに参加し、自律走行レースのためのブガッティのデザイン研究をテーマに大学で論文を書いてもいる。

 限定モデル、コンセプト、クリエイティブ実験でデザイナーとしての経験を積んだ彼は、特別プロジェクトの責任者に適任であり、ブガッティが比類なきハイパースポーツカーに取り組み続けていくために今後の研究を担っていく。

 チェントディエチ、ディーヴォ、ラ・ヴォワチュール・ノワールといったプロジェクトに携わることでザヨンツは、世界でもっともパワフルで豪華で高級なハイパースポーツカーをデザインするのに必要なことを直接学ぶことができた。ザヨンツはデザインディレクターのアヒム・アンシャイトの直属となる。

【画像】エーックス! な「ボライド」を全部見る!(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント