レクサス新型「LS」が豪華すぎる! プラチナ箔を内装に世界初採用!

2020年11月19日に発売されたレクサス新型「LS」は、フラッグシップセダンにふさわしく、プラチナ箔を世界で採用するなど、贅沢な内装を実現しました。

日本の美意識を取り入れた内装がスゴイ!

 レクサスが2020年11月19日に発売した新型「LS」は、同ブランドのフラッグシップセダンとして豪華な内外装が特徴ですが、今回の改良では内装にプラチナ箔が採用されました。

豪華な内外装のレクサス新型「LS」
豪華な内外装のレクサス新型「LS」

 新型LSは、日本独自の美意識に由来した世界観をインテリアに取り入れるべく、「月の道」という満月の前後数日間だけ見ることができる神秘的な自然現象をモチーフとし、月明りに照らされた波の揺らぎを表現。

 ドアトリムに西陣織の銀糸やプラチナ箔を施し、時の移ろいのなかでさまざまな表情を感じさせるデザインとしました。

 プラチナ箔は独自のしわ感(素材感)を残しながら貼り、室内空間で職人の手技を感じられる仕上がりです。

 日本の匠の技をインテリアに採用することで、職人の手技と最新技術が融合した独創的な空間を実現しました。

 なお、クルマの内装にプラチナ箔が用いられるのは、新型LSが世界初ということです。

 プラチナ箔の採用においては、株式会社箔一(石川県金沢市)の箔装飾の技術が取り入れられています。

 工業製品は同一の意匠・品質で供給することが求められますが、伝統工芸の世界では、箔に個性があることに加え、ひとつひとつが職人の手作業によるため、箔の表情や貼り方の違いでそれぞれが一品ものといえます。

 意匠をはじめ、製品化するにあたり議論を重ね、箔一の箔装飾において各工程別に仕様や素材を細かく設定。

 検証を繰り返すことで、工業製品の品質と伝統工芸の世界観を融合させました。

※ ※ ※

 新型LSは、ボディを彩る外装の塗装技術にもこだわっています。

 今回の改良で、深い陰影と艶やかで鏡面のような質感を実現した新色「銀影(ぎんえい)ラスター」を設定。

 シルバーは色を質感として感じ取りやすいため、カラーデザインの本質を追求するレクサスにとって重要な色域として長年開発に力を注いできたといいます。

 銀影ラスターは、レクサス最新のシルバーとして、アルミフレークを含んだ塗装の体積を凝縮させる「ソニック工法」を応用し、蒸着アルミを高濃度で敷き詰める最新の塗装技術を採用。

 鏡のように粒子感をほとんど感じさせない滑らかな質感で、周囲のわずかな光も繊細にとらえ、さまざまな表情を見せるシルバーとしました。

 内外装がゴージャスな新型LSの価格(消費税込)は、LS500が1073万円から1580万円、LS500hが1219万円から1728万円です。

レクサス・LS のカタログ情報を見る

【画像】プラチナ箔が輝く! 新型LSのゴージャスな内外装とは(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント