「スカイアクティブX」が進化! マツダ新型「マツダ3」 ハイパワー化して専用パーツも装着へ

マツダは、「マツダ3」の商品改良をおこなうと2020年11月19日に発表しました。「e-SKYACTIV X」仕様などがハイパワー化したほか、新たな特別モデルも登場しています。

「2020ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー受賞記念モデル」も登場

 マツダは、「マツダ3」の商品改良をおこなうと2020年11月19日に発表、一部のモデルについては、同日に発売しました。

商品改良を受けた「マツダ3」
商品改良を受けた「マツダ3」

 今回の商品改良では、走行性能と安全性の向上がおもな変更点となります。

「e-SKYACTIV X」仕様については、マツダが世界で初めて実用化した燃焼方式「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」の燃焼制御を最適化することで、最高出力は180馬力から190馬力に、最大トルクは224Nmから240Nmにそれぞれ向上しました。

 あわせてアクセルを踏み込んだ時の応答性の向上も図られています。

 デザイン面では、フロントフェンダーとリア部にe-SKYACTIV X専用のバッジを装着するという変更もおこなわれました。

「SKYACTIV-D 1.8」仕様は、最高出力を116馬力から130馬力に向上させるとともに、広いエンジン回転域でトルクを発生させる制御変更を実施。

 アクセルを踏み始めた瞬間の応答が大きく改善され、高速道路での合流・追い越しなど一気に加速することが必要なシーンにおいて、より力強いトルクを瞬時に生み出します。

 また全車種において、コイルスプリングやダンパーの特性の改良により、サスペンション全体をより滑らかに動かすことで、ダイナミクス性能と乗り心地を向上させました。

 安全面については、クルージング&トラフィック・サポート(CTS)の作動上限速度を高速域まで拡大することで、高速道路での疲労や運転ストレスのさらなる低減が図られています。

 6速MT仕様の設定の拡大もおこなわれ、ファストバックの「SKYACTIV-G 2.0」搭載車でも選択できるようになりました。

 さらに、100周年特別記念車をベースとした「2020ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー受賞記念モデル」も新たに設定されています。

 商品改良を受けたマツダ3の価格(消費税込)は222万1389円から368万8463円です。

「SKYACTIV-G 1.5」搭載車および「SKYACTIV-G 2.0」搭載車は、2020年11月19日より発売され、「SKYACTIV X」搭載車および「SKYACTIV-D 1.8」搭載車は、2021年1月発売予定。追加されたファストバック「SKYACTIV-G 2.0」6速MT仕様は、2021年2月発売予定です。

マツダ・MAZDA3のカタログ情報を見る

【画像】エンジン改良でパワーアップ! 新型「マツダ3」実車を画像で見る(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント