車のリアワイパーに「白い袋」 中身はなに? ぶら下げて走るのは違反行為なのか

道路を走っていると、前のクルマに何やらブラブラしたものが。リアのワイパーにレジ袋が掛けられており、中身はというと、実はかなりの確率で、車内には置いておきたくないあるモノなのです。

リアワイパーにかけられた袋、中身はなに?

 クルマに乗っていると、リアワイパーにコンビニエンスストアやスーパーのレジ袋などをかけて走っているクルマを見かけることが稀にあります。

 見かけたことがある人は「あれは何のため?」と思われたことでしょうが、実はあの袋の中身は犬(ペット)のふんが入っていることが多いそうです。

リアワイパーにかけられた袋の中身は?(画像はイメージ)
リアワイパーにかけられた袋の中身は?(画像はイメージ)

 ペットブームによって犬や猫を飼う家庭が増えましたが、マンション住まいの犬の場合は運動不足に陥りがちだといいます。それを解消するために各地にドッグラン施設が設立され、多くの愛犬家で賑わいました。

 施設内にトイレや汚物の回収設備がない場合、犬にふんを我慢させることはできませんので、愛犬家としてはマナーを守るために持ち帰ることになります。

 しかし、クルマでドッグランに行って帰宅する際に、車内に犬のふんを持ち込んで便臭が車内に充満してしまうことが耐えられない人もいるようで、最初に誰がどこでいい始めたのかは不明ですがインターネットの時代、情報が広まって各地で目にするようになりました。

「そんなもの、密閉式のビニール袋や、プラスチック製の食品保存容器に入れておけばいいじゃないか」と思う人も多いとは思いますが、愛犬と共に出かけるドライブの時間が長いと、走行中のクルマの中でも犬はふんを我慢しませんので、多くの人が室内飼い用のペットシート(尿やふんをさせるためのもの)を車内に敷いている場合もあります。

 それでは密閉式のビニール袋などには大きすぎて入らないため、コンビニエンスストアやスーパーのレジ袋などを使いリアワイパーにかける人が増えたようです。

※ ※ ※

 いままではそのようなクルマを見かけても「何が入っているの?」程度にしか思っていなかった人が多いことでしょう。

 しかし中身が犬のふんだと知ってしまうと、駐車場やサービスエリアで近くに駐車してほしいとは思わないでしょうし、先行車のリアワイパーに袋が下がっていたら気持ちの良いものではありません。

【画像】誰が、なぜリアワイパーに「白い袋」をかける? 理由を画像と一緒に見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント