ホンダ「S2000」復活なるか!? 中古で買える魅惑のFRオープンカー5選

スポーツカー好きの間で、ホンダ「S2000」の後継モデル登場のウワサがささやかれています。今回は、今すぐ中古車で買える、FRを採用する魅力的なオープンカーをピックアップしてみました。

操る楽しさに満ちあふれたFRオープン

 最近クルマ好きの間で話題になっているのが、FR+オープンモデルのホンダ「S2000」の復活です。

 ホンダには軽自動車の「S660」とスーパーカー「NSX」がありますが、その中間を埋めるモデルとしてS2000を復活させ、スポーツカーのラインナップを完成させるのではないかと期待されています。

 新型S2000の登場が待てないという人へ、お手頃価格の中古車で「FRオープンスポーツ」を体感できるモデルを5台ピックアップして紹介します。

●ホンダ「S2000」(初代)

復活が望まれるホンダ「S2000」
復活が望まれるホンダ「S2000」

 1999年にホンダの創業50周年を記念して開発されたスポーツカーがS2000です。ホンダとしては29年ぶりとなるFR車で、しかも2シーターオープンモデルとして登場しました。

 全長4135mm×全幅1750mm×全高1285mmのボディは、オープンでありながら「ハイ Xボーンフレーム」構造を採用。強化されたフロントピラーやシート後部には高強度のロールバーを設置するなど、クローズドボディ以上の剛性を確保しています。

 スポーツカーに欠かせない速さを実現するために搭載されたのは、2リッターVTECエンジン。当時のホンダは高回転型NAにこだわり、VTEC機構を介して250馬力ものハイパワーと、当時としては優れた環境性能を両立させています。

 なお、トランスミッションは自社開発による6速MTのみの設定です。

 F1をイメージさせる高回転型NAエンジンや「S800」以来のFR、日常でも扱いやすいサイズだったにも関わらず、ハイパワーターボエンジン全盛だったスポーツカー市場では販売的には成功を収められませんでしたが、話題性は十分でした。

 そして誕生から20年の節目を迎えた2020年、「20年目のマイナーチェンジ」と称して、新たにアクセサリーパーツが販売されました。

 中古車でも、初期モデルは20年以上経過して、逆に価格が上昇しています。

 現在の価格は170万円からとなっていますが、走りが楽しいモデルだけに10万km以上走行した固体が多く、フルノーマルな車両はほとんどない状態です。

 2009年の生産終了までに国内ではわずか2万台だった希少性やスポーツカーとしての資質の高さなどが再評価され、注目が集まっているようです。

●マツダ「ロードスター」(現行・4代目)

 1950年から1960年代に人気だった「ライトウェイトスポーツ」を現代の技術で蘇らせた名車として、1989年にコンパクトなオープンボディにFRを採用した名車がマツダ「ロードスター」です(当時はユーノス「ロードスター」)。

 誰もが扱えるエンジンやボディサイズと、「人馬一体」のコンセプトから生み出された走る楽しさをダイレクトに味わえるとあって、世界的ヒットを記録しました。

 現行モデルの4代目ロードスター(ND型)は、現在のマツダ車に共通する「SKYACTIVテクノロジー」と「魂動デザイン」を採用し、大人っぽさのなかにニューレトロな雰囲気を漂わせています。

 初代から続く2シーターオープンとFRというコンセプトに変わりはなく、全長3915mm×全幅1735mm×全高1235mmとなったボディには、時代のニーズに合わせた安全装備や快適装備も備わり、6速MTだけでなく6速ATも選べる点も魅力です。

 搭載されるエンジンは、1.5リッターガソリンの「SKYACTIV-G」のみ。最高出力こそ132馬力ですが、フロントミッドシップに搭載されたことで重量配分50:50を実現し、クルマとドライバーが一体となったかのようなフィーリングを味わうことができます。

 2015年に登場した現行モデルはすでに5年が経過していることもあり、中古車も充実しています。

 4代目の初期モデルなら150万円前後から入手可能。はじめてのオープンカー、はじめてのFR、はじめてのMT車として最適ですし、ベテランドライバーでも笑顔になれる楽しさがあります。

●日産「シルビア ヴァリエッタ」

 FRは操舵が前輪、駆動が後輪となるため、自然なドライブフィーリングが得られやすく、スポーツカー向きだといわれています。

 そんなFRを一貫して採用したことで、若者を中心に高い人気を誇ったのが日産「シルビア」です。

 1999年に7代目(S15型)へとモデルチェンジしたシルビアは、時代のニーズとともにスポーツカー人気が衰退していくなか、絶頂期ほどの人気を回復できませんでした。

 しかし5ナンバーサイズに収まるボディに、165馬力(MT)の2リッターNAと250馬力(MT)の同ターボエンジンを搭載した貴重なFRクーペとして存在していました。

 そんなシルビアですが、カタログモデルとしてオープンモデルがラインナップされていました。それが「シルビア ヴァリエッタ」です。

 日産の特装車や日産車のカスタムを手掛けるオーテックジャパンが開発したシルビア ヴァリエッタは、全長4445mm×全幅1695mm×全高1285mmと現在の基準ではコンパクトなボディに、当時はまだ珍しかった電動フルオープン式メタルルーフを国産車としてはじめて採用。

 エンジンはクーペの「スペックS」と同じNAでマイルドな165馬力仕様(MT)、かつ重量は電動メタルルーフの機構分がプラスされ、クーペと比較すると130kg増加するなど、走りにこだわるコアなファンからは支持を得られませんでした。

 しかし美しいクーペスタイルをオープンで、かつATでも楽しめるFR車は数少なく、現在の中古車市場での価値は高騰中です。

 110万円前後から探すことも可能ですが、程度のいいものは200万円を超えています。

 新車価格が279万8000円(MT)だったことを考えると、20年経ったことで若干プレミア価格になっているようです。

ホンダ・S2000 の中古車をさがす

マツダ・ロードスター の中古車をさがす

日産・シルビア の中古車をさがす

【画像】オープンエアで走りも楽しいFRオープンカー(37枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント