世界初! 自動運転レベル3装置を搭載したホンダ「レジェンド」を2020年度内に発売へ

ホンダは、自動運転レベル3に求められる国土交通省の型式指定を取得したことを発表するとともに、認可を取得した自動運行装置(名称:Traffic Jam Pilot<トラフィック・ジャム・パイロット>)を搭載したモデルとして、フラッグシップセダンの「レジェンド」を2020年度内に発売します。

世界初! ホンダ「レジェンド」に搭載される自動運転レベル3装置とは

 2020年11月11日、ホンダは自動運転レベル3に求められる国土交通省の型式指定を取得したことを発表しました。
 
 これに伴い、今回認可を取得した自動運行装置(名称:Traffic Jam Pilot<トラフィック・ジャム・パイロット>)を搭載したモデルとして、フラッグシップセダンの「レジェンド」を2020年度内に発売します。

世界初の自動運転レベル3装置を搭載することになったホンダ「レジェンド」(写真は従来モデル)
世界初の自動運転レベル3装置を搭載することになったホンダ「レジェンド」(写真は従来モデル)

 国土交通省は自動運転レベル3の市場化に向け、道路運送車両法の一部を改正し2020年4月1日より改正法(令和元年法律第14号)を施行。

 改正法では自動運転レベル3の実用化に必要な自動運行装置が保安基準(昭和26年運輸省令67号)の対象装置として新たに加えられています。

 本件について、国土交通省は、次の通り説明しています。

「本田技研工業(株)から申請のあった自動運行装置を搭載した自動運転車(レベル3)について、(独)自動車技術総合機構交通安全環境研究所における保安基準適合性の審査を踏まえ、本日、世界で初めて型式指定をおこないました。

 自動運転車については、交通事故の削減、高齢者等の移動手段の確保、物流分野における生産性向上等、我が国が抱える様々な社会課題の解決に大きな役割を果たすことが期待されています。

 そのため、自動運転に係る政府全体の戦略である『官民ITS構想・ロードマップ』(ITS総合戦略本部決定)において、市場化・サービス化に係るシナリオと目標を掲げ、国土交通省を含め官民一体となって早期実現に向け取り組んでおります」

 このロードマップでは、高速道路の自動運転車(レベル3)の市場化目標時期は2020年目途とされていたこともあり、国土交通省では、2019年5月の道路運送車両法の一部改正に基づき、2020年3月に世界に先駆けて自動運転車の保安基準を策定するなど、早期導入に向け制度整備を進めてきました。

※ ※ ※

 今回の自動運行装置(トラフィック・ジャム・パイロット)は、高速道路での渋滞時における運転者の運転操作の負荷を軽減することを目的に、前走車をはじめ周辺の交通状況を監視するとともに、運転者に代わって運転操作をおこない、車線内の走行を維持しながら前走車に追従する装置となっています。

 なお、この装置は型式指定にあたり国土交通大臣が付与した特定条件(走行環境条件)の範囲内で作動が可能となります。

 自動運行装置の保安基準は、以下の通りです。

●1.性能

・走行環境条件内において、乗車人員及び他の交通の安全を妨げるおそれがないこと

・走行環境条件外で、作動しないこと

・走行環境条件を外れる前に運転操作引継ぎの警報を発し、運転者に引き継がれるまでの安全運行を継続するとともに、引き継がれない場合は安全に停止すること

・運転者の状況監視のためのドライバーモニタリングを搭載すること

・不正アクセス防止等のためのサイバーセキュリティ確保の方策を講じることなど

●2.作動状態記録装置
・自動運行装置のON/OFFの時刻

・引継ぎ警報を開始した時刻

・運転者が対応可能でない状態となった時刻等を6ヶ月間にわたり(又は2500回分)記録できること

●3.外向け表示

・自動運転車であることを示すステッカーを車体後部に貼付(メーカーに要請)

※ ※ ※

 なお、作動後に走行環境条件を満たさなくなる場合や故障発生時等においては、警報を発し運転者による運転操作を求めるため、運転者は過信せずに常に運転できる状況を維持する必要があるようです。

【画像】これが世界初のレベル3モデル!? レジェンドを見る!(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. だがかっこ悪い