「ライズ」並みなホンダSUV「WR-V」 高級感マシマシな特別モデルを発売

ホンダがインドで販売するコンパクトSUV「WR-V」に特別仕様車が設定されました。

ライズ並みなコンパクトSUV「WR-V」

 日本市場で、2020年11月現在もっとも売れているトヨタ「ライズ」は、全長4m以下のコンパクトなボディサイズが特徴です。
 
 一方、ホンダでもライズ並みのコンパクトSUV「WR-V」をブラジルやインドなどで展開。そんななか、2020年11月2日に魅力的なパーツを装着した特別仕様車がインドで発表されました。

インドで発売される「WR-V Exclusive Edition」
インドで発売される「WR-V Exclusive Edition」

 WR-Vは、南米などの市場ニーズに基づき2017年に発売されたモデルです。

 タフな外観デザインでありながら都会的なSUVスタイルと高いユーティリティーや広い室内空間を実現しています。

 ボディサイズは、全長4000mm×全幅1734mm×全高1599mmと、日本で販売されているライズ並みのサイズです。

 ベースとなるのは、「ジャズ(3代目フィット)」となり、フロントマスクを大幅に変更。フェンダー周りやルーフ、バンパーをSUVテイストに仕上げ、さらに最低地上高も高くなっています。

 インド市場のWR-Vのパワートレインは、1.2リッターガソリン車(最高出力90馬力)に5速MTと1.5リッターディーゼル車(最高出力100馬力)に6速MTの組み合わせとなっています。

 今回の特別仕様車は、ガソリンとディーゼルのトップグレードとなる「VX」に設定。

 外観部分では、魅力的なクローム装飾グリルを設定しているほか、専用フォグランプとなりました。

 また、ボディには特別仕様車限定となるグラフィックスを施し、専用エンブレムを装着しています。

 内装には、プレミアムスエードシートカバーやステップイルミネーションとフロントフットライトを設定しました。

 ホンダカーズインディアリミテッドのマーケティングおよびセールス担当シニアバイスプレジデント兼ディレクターであるラジェッシュゴエル氏は、次のように話しています。

「WR-Vの新エディションは、トップグレードのVXをベースにしており、機能が追加されたほか、ルックスの向上を目指しています」

※ ※ ※

 なお、WR-Vの価格は、ガソリン車が96万9900インド・ルピー(約136万円)とディーゼル車が109万9900インド・ルピー(約154万)となっています。

トヨタ・ライズ のカタログ情報を見る

【画像】ライズよりも格好良い? 未導入の「WR-V」を見る!(41枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント