三菱「アウトランダーPHEV」が一部改良 世界一売れているPHEVの安全装備がどう進化した?

三菱は、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」を一部改良して、2020年10月29日に発売しました。特別仕様車「BLACK Edition」も、継続して販売されます。

安全装備を拡張! 進化した「アウトランダーPHEV」が登場

 三菱は、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」の一部改良をおこない、2020年10月29日に発売しました。

一部改良を受けた三菱「アウトランダーPHEV」
一部改良を受けた三菱「アウトランダーPHEV」

 アウトランダーPHEVは、世界初となるSUVのプラグインハイブリッド車として2013年1月に発売。

 これまでに60か国以上で販売され、累計販売台数は本年8月末時点で26万台を突破。世界でもっとも売れているプラグインハイブリッド車です。

 今回の一部改良では、グレード展開を「S Edition」、「G Premium Package」、「G Plus Package」、「G」の全4グレード展開に見直しました。また特別仕様車の「BLACK Edition」も継続して販売されます。

 装備の面では、これまで「S Edition」と「G Premium Package」のみ標準装備としていた、予防安全技術「e-Assist」の後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)と後退時車両検知警報システムを全車に標準装備として、安全性を向上させています。

 また、車両接近通報装置の法規対応に伴い、車両接近通報OFFスイッチの廃止と、通報音の音量・音質を最適化させました。

 一部改良後のアウトランダーPHEVの価格(消費税込)は、436万4800円から529万4300円です。特別仕様車「BLACK Edition」の価格は、446万8200円に設定されています。

三菱・アウトランダーPHEV のカタログ情報を見る

【画像】大地を疾走! ケトルで湯も沸く! 三菱「アウトランダーPHEV」を画像で見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント