日産新型SUV「マグナイト」は新生ロゴ採用の新フェイス!? 「C-HR」と並ぶ個性派?

日産は2020年10月21日に、新型「マグナイト」を世界初公開しました。日産にとって、インド市場でエントリーモデルとなるSUVです。

新生日産ロゴの市販モデル第一弾となるか?

 日産が2020年10月21日に公開した新型SUV「マグナイト」は、海外市場向けモデルであるものの、同社の日本の研究施設を活用して開発。一方、日産の共通デザイン「Vモーショングリル」が採用されないなど、外観において直近の日産SUVとは異なる特徴を持ちます。

日産がインド市場で発表した新型「マグナイト」
日産がインド市場で発表した新型「マグナイト」

 一方、日本のSUV市場の現行モデルとしてトヨタ「C-HR」が存在しますが、こちらもトヨタとして先んじてクーペSUVスタイルを採用するなど、外観が特徴的なSUVとして知られます。

 そこで、両車の特徴を、外観を中心に比較していきます。

 日産新型マグナイトは、インドでは同社初となる全長4m以下の小型SUVです。事業構造改革「Nissan NEXT」において、重要なモデルとして位置づけられています。

 開発にあたっては、2020年7月に発表された日産の高性能電動EV「アリア」の性能試験もおこなわれている栃木試験場が活用され、あらゆる道路環境にも対応できるSUVに仕立てられました。

 外観デザインを見ると、前述のとおりVモーショングリルを採用せず、六角形のフロントグリルが与えられている点が特徴的です。

 日産はSUVに限らず、国内外のさまざまなモデルにVモーショングリルを採用。前述の新型アリアにも、白い光で表現される最新デザインのVモーショングリルが装着されています。

 一方、新型マグナイトのフロントグリルは、同社が新興国で展開するダットサンブランドのモデルにも似たデザインのフロントグリルです。ほかの日産SUVとは一線を画す顔つきといえます。

 ほかにも新型アリアと共通するポイントとしては、装着されるエンブレムが、新型アリア発表時に公開された新生日産ロゴであることが挙げられます。

 新型マグナイトは2021年初頭にインド市場で発売される予定で、新型アリアの発売は2021年中頃とまだ先です。

 もし、2020年中にフルモデルチェンジ車や新規車種が日産から発売されなければ、新型マグナイトが新生日産ロゴ装着第一号となる可能性が残されています。

 シャープな形状のヘッドライトはLEDタイプが採用され、インド市場における日産のエントリーモデルであるにも関わらず、安いっぽい印象は受けません。ヘッドライトの下にはL字型のデイライトが配されています。

 ボディサイドは、盛り上がったフェンダーの形状やブラックのフェンダーアーチパーツで四輪の踏ん張り感を強調。リアは横長のテールランプが配されて塊感のある印象です。

【画像】日産最小SUV! 新型「マグナイト」を見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 比較記事がよくわからないなあ。誰に向けての記事なんだろう。インドなんかに興味ない人が書いたんでしょうね。
    まず、マグナイトとC-hrはカテゴリーが違うと思う。BとC。
    C-hrは、アジアで売るにはリア席が小さなデザインがパーソナルに振りすぎ。おまけにインドには導入していないし。トヨタはインドではBセグSUVとして、スズキOEMのアーバンクルーザーを入れている。
    マグナイトのデザイン見れば、手堅い。比較するなら、アーバンクルーザーだろうと思う。OEMでは面白くないか?