アルファードがまるで別の車に!? マイナーチェンジで大変身した車5選

人はイメチェン(イメージチェンジ)すると印象をガラッと変えることがあります。クルマも同じでモデルチェンジすると見た目や性能が変わりますが、なかには「フルモデルチェンジ?」といえるほどの変化を見せます。今回は、そんな大きく印象を変えたクルマを5台紹介します。

「同じクルマ?」と疑ってしまうほど大幅変更も

 クルマのモデルチェンジといえば、見た目や性能が大きく変わるフルモデルチェンジが目立ちますが、実はマイナーチェンジでも大きな変身を遂げたモデルが存在します。
 
 今回は、マイナーチェンジ前後で大きく変化したモデルを5車種紹介します。

マイナーチェンジ前後で変わった!? 外観だけじゃない!? 販売台数が大きく飛躍したアルファード。
マイナーチェンジ前後で変わった!? 外観だけじゃない!? 販売台数が大きく飛躍したアルファード。

●トヨタ「アルファード」2017年

 トヨタ「アルファード」の現行モデルは、2015年に登場した3代目です。「大空間高級サルーン」として開発されたこともあり、室内の居住性は先代モデルと比べてもより充実しています。

 新車価格は、352万円から775万2000円と、グレード差で400万円以上の価格差があるほど多彩なラインナップとなっています。

 なかでも、2017年12月におこなわれたマイナーチェンジでは、その前後で大きく印象を変えました。

 エクステリアでは、バンパーやグリル形状などのデザインが変更され、より個性的で存在感のある見た目となっています。

 インテリアではパネルやメーターの加飾、シート表皮などのデザインが刷新されたほか、内外装色ともに新色を追加。

 エアロボディ(当時の名称)には、最上級グレード「Executive Lounge S(エグゼクティブ ラウンジS)」が新規設定されています。

 さらに、変更はデザインだけにとどまりません。当時、国内のトヨタ車で初となる新型3.5リッターV型6気筒エンジン&8速ATを採用して走行性能を向上。また、安全装備の「Toyota Safety Sense」を全車標準装備としました。

 マイナーチェンジ後の売れ行きは好調で、軽自動車をのぞく年間販売台数ランキングでは、2019年では13位(6万8705台)、2020年上半期(1月から6月)では10位(3万6597台)。

 直近の2020年9月の単月では4位(1万436台)にまで上り詰め、国内市場でもっとも売れているミニバンとなりました。

●トヨタ「プリウス」2018年

 トヨタを代表するエコカーの現行「プリウス」は、約227万台を売り上げた先代モデルからの期待を背負い、2015年に登場した4代目です。

 ボディサイズを大きくしたにもかかわらず燃費も向上するなど、トヨタのメーカーパワーが詰まった1台といえます。

 しかし、発売当初は年間の販売台数ではトップだったものの、「プリウスにしては」販売が伸び悩みます。

 その大きな要因としては、「歌舞伎顔」と呼ばれるフロントマスクが挙げられていました。

 そこで、2018年12月にマイナーチェンジをおこない、フロントマスクのデザインを一新。

「目つきがキツい」との声も多かった前期型からマイルドな印象のフロントマスクに変わり、多くのユーザーから高評価を得ます。

 それが功を奏し、2018年の年間販売台数ランキングでは日産「ノート」とトヨタ「アクア」に次いで3位でしたが、マイナーチェンジ後の2019年は1位となり、見事トップに返り咲きました。

 失敗は許されないなかでの思い切ったフロントマスクデザインの変更は、まさに王者の意地といわんばかりの復活となったのです。

●ホンダ「フリード」2019年

 現行のホンダ「フリード」は、2016年に登場した2代目です。3列シート車に加え、2列シートの「フリード+(プラス)」も同時にラインナップし、発売当初からファミリー層を中心に人気を獲得しました。

 2019年10月におこなわれたマイナーチェンジでは、エクステリアではフロントグリルやバンパーのデザインを変更。

 精悍で落ち着きのあるシンプルなスタイルとし、従来モデルからワイド感のあるデザインに変更。親しみやすさに加え、洗練されたデザインとしました。

 インテリアでも細かなデザインや材質が変更されたほか、クロスオーバーSUV風の外観デザインが特徴な「CROSSTAR(クロスター)」というグレードを新たに追加します。

 クロスターは、専用のフロントグリルや前後バンパー、LEDフォグライトを装着しているほか、ルーフレールやアルミホイール、専用色のドアアウターハンドルとドアミラーを装着。インテリアでも、アウトドアらしさを演出するデザインが採用されています。

 さらに、安全装備である「Honda SENSING」は、一部の機能を追加して全タイプ標準装備としたほか、「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」は加減速時にスムーズなフィーリングとなるように改良されました。

 その後も売れ行きは好調で、2020年1月から6月では普通車で7位(3万8844台)にランクイン。

 さらに、直近の2020年9月ではライバルであるトヨタ「シエンタ」が18位(3614台)と落ち込むなか、8位(7689台)と高順位をキープしています。

【画像】変わった? 新旧デザインをささっと比較する!(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント