極上のレクサス「LSリムジン」発見! ブラウン管TV搭載の超VIP専用車とは

これぞ日本の「美!」ともいえる極上のレクサス「LSリムジン」が発見されました。LSのリムジン仕様となるモデルがヨーロッパで販売されているようです。

世界の高級車に影響を与えたLS

 日本の高級車として世界に名高いレクサスのフラッグシップセダンの「LS」ですが、ヨーロッパで極上美品のLSリムジンが販売されています。

超VIP専用!? 懐かしきブラウン管テレビを搭載するレクサス「LSリムジン」とは、どのようなモデルなのでしょうか。(画像:Copyright c JamesEdition.com)
超VIP専用!? 懐かしきブラウン管テレビを搭載するレクサス「LSリムジン」とは、どのようなモデルなのでしょうか。(画像:Copyright c JamesEdition.com)

「エコ」で「コスパのいい」クルマとして、これまで世界中で販売台数を伸ばしてきた日本車ですが、その一方で高級車のイメージはほとんどありませんでした。

 そんなイメージをくつがえすべく1989年に北米で登場したのが、トヨタの高級車ブランド「レクサス」、そして高級セダンのLSです。

 LSは日本でもトヨタ「セルシオ」として販売され、トヨタの高級車として高い人気を誇りました。

 これまで、国産高級車といえばトヨタ「クラウン」がその代表でしたが、セルシオの登場によってクラウンの立ち位置が霞んでしまうほどの影響がありました。

 そして、LSは世界中の高級車ブランドを驚かせることになります。

 それまで北米市場で人気だった米国メーカーの高級車が、いかにも「アメリカン・ラグジュアリー」というべき豪奢さを持っていたのに対し、LSは日本的な感覚、例えば静けさのようなものを高級車の必要条件として設定したのです。

 そうしたLSの登場により、それまではエクステリアに風格があり、インテリアは広く、なおかつ柔らかいソファのようなシートを持っていることが高級車の証とされていたのに対し、静粛性や繊細さが重視されるようになりました。

 世界の高級車市場をリードしてきたメルセデス・ベンツでさえ、LSを徹底的に研究したといわれています。

 そんな「歴史的名車」のLSですが、ヨーロッパの中古車市場にリムジン仕様が登場しました。

 リムジン仕様にビルドアップする業者が多いヨーロッパでは、さまざまなモデルのリムジン仕様があること自体はそれほど珍しくありませんが、このクルマが話題になったのは、その完成度の高さにあります。

【画像】中身がスゴい! 時代錯誤の豪華さをささっと見る!(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント