レクサス新型「LS」今秋発売! 最上級セダンの魅力を発信へ

レクサスは、フラッグシップセダンとなる新型「LS」は2020年7月7日に世界初公開しました。今回、発売に先駆けてチーフエンジニアなどが新型LSの魅力を発信する動画を公開しました。

フラッグシップセダン新型「LS」間もなく発売か

 レクサスは、同社のフラッグシップセダンとなる新型「LS」の魅力を伝える動画をティーザーサイトで公開しました。
 
 間もなくの発売が予定されている新型LSには、どのような特徴があるのでしょうか。

デザイン・走行性能・安全性能、すべてを刷新した新型LS
デザイン・走行性能・安全性能、すべてを刷新した新型LS

 LSは、1989年に発売され、圧倒的な静粛性と快適性への高い評価でレクサスの礎を築くとともに、30年以上に渡り90以上の国・地域で累計約87万台が販売されました。

 新型LSの外観デザインは、新しい塗装技術によって深い陰影とハイライトを実現した新規外板色の「銀影(ぎんえい)ラスター」を設定しています。

 内装では、タッチディスプレイの採用による操作性の向上に加え、オーナメントに西陣織と箔などにより、月明りに照らされた波の揺らぎによる「月の道」を表現。

 また、シート表皮の縫い位置をより深い位置に変更するとともに、ウレタンパッドに低反発素材を新たに採用。振動吸収と柔らかな座り心地により、さらに快適性を向上させています。

 さらに新型LSは、静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求。ガソリン車のLS500では、使用頻度の多い走行領域でのエンジントルクの立ち上がりを向上させ、車両の加速レスポンスを向上。

 ハイブリッド車のLS500hでは、使用頻度の多い走行領域における加速時のバッテリーアシスト量を増加させることで、より余裕のある加速を実現。加えて発進加速時のエンジン最高回転数を低下させ、静粛性を向上させました。

 また、新型LSには最新の高度運転支援技術「Lexus Teammate」を採用しています。

 主な搭載機能として、高度運転支援技術「Advanced Drive」では自動車専用道路での運転において、ドライバー監視のもと、実際の交通状況に応じて車載システムが適切に認知、判断、操作を支援し、車線・車間維持、分岐、レーンチェンジ、追い越しなどを実現しました。

 高度駐車支援技術「Advanced Park」では、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジをすべて車両が自動制御し、直感的なスイッチ操作での高度駐車支援をおこないます。

 することで、乗員に安心感を与える運転支援を実現するうえで必要不可欠な車両の高い基本性能を徹底的に磨き上げるとともに、ディープラーニングを中心としたAI技術も取り入れ、運転中に遭遇しうるさまざまな状況を予測し、対応することを支援します。

 なお、Lexus Teammateはソフトウェアアップデートを活用し、購入後も機能の追加、性能向上を続け、安全な運転、快適な移動につなげます。

※ ※ ※

 今回、新たに公開された動画では、新型LSのチーフエンジニア・武藤康史氏、デザイン担当・北村陽一朗氏とレクサス公認インストラクター・三浦健光氏がクロストークを実施。

 新型LSのコンセプト・デザイン・パフォーマンス・セーフティといった項目毎に魅力を解説しています。

 なお、新型「LS」は2020年7月7日にレクサスが発表しており、その際には、「2020年初冬を予定」とアナウンス。

 しかし、今回のティーザーサイトでは、「2020年秋頃」と表現を変更していることもあり、近々発売されると見られます。

レクサス・LS のカタログ情報を見る

【画像】これぞ最上級セダン!? 新型LSをささっと見る!(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 写真で見るに、パッと見、内装がクラウンかと思うほど安っぽく感じます。
    やっぱドアには横に一筋ほしい。
    ハンドルはウッドとのコンビがいい。
    シートに立てのラインはいらない。
    そんなにチャレンジしなくていいと思う。
    品質が良くて、静かで、乗り心地が良ければいいのに。

    • やっぱり求められてるのはセルシオなんだよな。日本人の感性に合うデザインじゃない