トヨタ「タンク」消滅 「告知無しはユーザーに失礼!?」 オーナーからは困惑の声も

2020年9月に、トヨタのコンパクトカー「タンク」が廃止され、兄弟車である「ルーミー」に統合されました。新規オーナーから戸惑いの声もあるなか、既存オーナーの心境はどうなっているのでしょうか。

アナウンス無しの廃止に「失礼」との声も

 突如として、トヨタ「タンク」が廃止され、兄弟車である「ルーミー」に統合されました。
 
 新規オーナーから戸惑いの声もあるなか、既存オーナーの心境はどうなっているのでしょうか。

突如としてアナウンス無く、廃止されたタンク。ユーザーからは「失礼!」と怒りの声もあったという
突如としてアナウンス無く、廃止されたタンク。ユーザーからは「失礼!」と怒りの声もあったという

 2020年9月15日、トヨタのコンパクトワゴン「ルーミー」にマイナーチェンジが施されたのと同時に、兄弟車である「タンク」が消滅。現在では、ルーミーの1グレードの外観デザインにタンクの面影を見ることが出来ます。

 今回の車種統合は、以前からトヨタが示していた「今後の車種を半減するために車種整理をおこなう」という方針や、2020年5月から開始されたトヨタの全販売店での全車種併売化が関係しています。
 
 タンクは、2020年4月から9月の新車販売台数ランキングにおいて、18位(1万6136台)にランクインするほどの人気車種です。

 人気モデルが突然廃止されたことについて、首都圏のトヨタ販売店スタッフによれば、女性ユーザーを中心にいくつかの問い合わせがあったとのことです。

 その内容は、突然廃止されたことへの驚きや、今後の購入についてが中心のようでした。それに対し、タンクのデザインはグレードとして残っていることを伝えると、「ひとつになってわかりやすくなった」という反応があったと話しています。

 では、車種統合に対してはポジティブな声があったものの、すでにタンクに乗る既存ユーザーからは、どのような反響があったのでしょうか。

 前出とは別のトヨタ販売店スタッフは以下のように話します。

「この約1か月、タンクを所有するお客さまからあった問い合わせは、今後のサポートについてがほとんどです。

 タンクユーザーはファミリー層が多いですが、奥様やお子様からの連絡が多い印象でした。これまで通りサービスをおこなう旨を伝えると、皆様安心されています。

 また、問い合わせ頂いた人の多くは、SNSなどネット上で話題になったことで初めて廃止されたことを知ったと話していました。

 今後も車種統合があるとするなら、事前の公式アナウンスがあったほうがお客さまは安心すると思うのですが、なかなか難しいのが現状です」

※ ※ ※

 今回の車種統合は、ルーミーのマイナーチェンジとしておこなわれました。メーカー公式では、タンクを廃止することをアナウンスしておらず、間接的に情報を得たユーザーがほとんどのようです。

 それが原因となり、別の販売店スタッフによれば、突然の廃止にあわやクレームへと発展しうる例もあったといいます。

 サポートなどのサービスは今後も継続することを伝えても、「失礼だ」の一点張りでかなり怒り心頭だったと話しています。

 トヨタではほかにも、コンパクトカーの「ポルテ/スペイド」、セダンの「プレミオ/アリオン」、ミドルサイズミニバンの「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」、ラージサイズミニバンの「アルファード/ヴェルファイア」といった兄弟車において車種統合の噂が流れています。

 今後の「車種整理」は、新規顧客への説明だけでなく既存オーナーへのサポートも、重要な課題となるでしょう。

【画像】タンクの面影はどこ? 新旧モデルをささっと見る(36枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント