まだ価格高騰していない! お手頃価格の高性能トヨタ車3選

近年、1980年代から1990年代に発売されたクルマの価格高騰が著しい状況です。なかでも、日本でしか売らなかったモデルや、高性能なモデルは、とくに価格が上がっています。一方で、スポーティなモデルでも低価格を維持しているクルマも存在。そこで、いまが狙い目のスポーティなトヨタ車を、3車種ピックアップして紹介します。

旧車人気ながら価格高騰していないトヨタのスポーティモデル

 現在、世界的に1980年代から1990年代の高性能車の人気が高い状況です。とくに日本のモデルはアメリカや欧州で人気のため、国内の中古車価格が著しく高騰してしまいました。

高性能ながら価格が高騰していないトヨタ車たち
高性能ながら価格が高騰していないトヨタ車たち

 価格高騰のきっかけとなったモデルは1989年に発売された日産「スカイラインGT-R」といわれ、次々とほかのモデルも引きずられるように中古車価格が上がっています。

 一方で、高性能なモデルながら価格高騰していないモデルも散見され、とくに中古車の物件数が多いトヨタ車のなかには、魅力的な車種が多数存在。

 そこで、いまが狙い目のスポーティなトヨタ車を、3車種ピックアップして紹介します。

●カローラレビン/スプリンタートレノ

今はなき高回転1.6リッターNAエンジンを搭載する7代目「カローラレビン」
今はなき高回転1.6リッターNAエンジンを搭載する7代目「カローラレビン」

「カローラレビン/スプリンタートレノ」は、「AE86型」や初代の「TE27型」がとんでもなく価格高騰していますが、FFモデルなら100万円未満でも手に入ります。

 1972年に初代が発売されたカローラレビン/スプリンタートレノは、大衆車である「カローラ/スプリンター」に高性能なエンジンを搭載した派生車としてデビュー。

 1983年に発売された4代目のAE86型まではFRですが、1987年に発売された5代目の「AE92型」からFFに変更されたことで、当時は高い人気を誇りましたが、現在、FFモデルは全般的に中古車人気が低迷しています。

 なかでも、1995年に発売された最終モデルの7代目「AE111型」には、165馬力を誇る1.6リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載。このエンジンは吸気バルブ3本、排気バルブ2本の5バルブヘッドを採用しており、いまでは貴重な存在です。

 最終モデルのカローラレビン/スプリンタートレノは、流通している数は多くありませんが、60万円前後の価格帯で販売されているので、名機といわれる「4A-G型」エンジンのフィーリングを手軽に味わえるモデルといえます。

 さらにエンジン性能だけでなく、優れた足まわりによって運動性能も高く、いまも色褪せない魅力的なスポーツコンパクトです。

トヨタ・カローラレビン の中古車をさがす

●セリカ

FFスポーツカーとしてハンドリングが高く評価された7代目「セリカ」
FFスポーツカーとしてハンドリングが高く評価された7代目「セリカ」

 1970年に発売された初代「セリカ」は、それまで高性能車のものだったDOHCエンジンを普及させた立役者です。

 その後1985年に登場した4代目では、ハイパワーなターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わせた「GT-FOUR」が登場し、5代目、6代目も4代目からキープコンセプトとされ、セリカは高性能な4WD車というイメージが定着します。

 ところが、1999年に発売された7代目ではターボエンジンと4WDが廃止され、シンプルなFFスポーツカーというコンセプトに一新。

 外観は縦長のヘッドライトと空気を切り裂くようなシャープなウェッジシェイプが特徴で、スポーツカーとして王道のデザインを採用しています。

 エンジンは1.8リッター直列4気筒自然吸気で、トップグレードの「SS-II」には高回転タイプの「2ZZ-GE型」を搭載し、最高出力190馬力を発揮。

 また、足まわりはフロントにストラット、リアにダブルウイッシュボーンサスペンションを採用した4輪独立懸架となっており、優れたコーナリング性能を実現。

 しかし、クーペ人気の低迷からセリカは2006年に販売を終了し、この7代目をもって長い歴史に幕を閉じました。

 現在は高性能グレードの「SS-II」でも100万円台から揃っており、生粋のFFスポーツカーを比較的安価な価格で入れられます。

トヨタ・セリカ の中古車をさがす

【画像】安くてカッコイイ! いまこそ買いのトヨタ車を見る(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント