マツダ「MX-30」が革新的! なぜMX? ほかのSUVにはない魅力とは

日本ではマイルドハイブリッド仕様が先行して発売されたマツダの新型SUV「MX-30」は、ほかのSUVにはない特徴的な魅力を備えています。どのような特徴を持ったモデルなのでしょうか。

観音開きドアの仕組みは面白いけどちょっと不便!?

 マツダは新型コンパクトSUV「MX-30」のマイルドハイブリッド仕様を2020年10月8日に発売しました。

 マツダのSUVといえば、「CX-3」「CX-30」「CX-5」「CX-8」と、「CX」を冠したモデルが主流でしたが、今回登場した新型MX-30とは、それらのSUVとはどこが違うのでしょうか。

マツダの新型コンパクトSUV「MX-30」
マツダの新型コンパクトSUV「MX-30」

「MX」とは、マツダの挑戦的なモデルに付けられる名称だとされており、海外で「MX-5」として販売されている「ロードスター」は、2シーターオープンカーという革新的なモデルに挑戦したクルマという意味が込められています。

 これまでにも「MX」がついたコンセプトカーなどが登場しており、新たな価値を創造するクルマにMXと名付けているといいます。

 新型MX-30は、国内ではマイルドハイブリッド仕様の発売を皮切りに、2021年1月にはマツダ初のEV仕様、さらに、ロータリーエンジンを発電機として活用したレンジエクステンダー仕様を2022年以降に投入する予定とし、マルチソリューションをリードする革新的なSUVとして期待されています。

「フリースタイルドア」と呼ばれるドアも革新的です。センターピラーをドアに内蔵して、大きな開口部を実現しているモデルといえば、ダイハツ「タント」とホンダ「N-VAN」がありますが、いずれもスライドドアを装備したトールワゴンタイプのモデルです。

 新型MX-30の場合はSUVで観音開き式を採用しているところが特徴的で、マツダではスポーツクーペの「RX-8」に観音開きドアを採用していましたが、今回久しぶりに復活しました。

 RX-8の観音開きドアは後席へのアクセスがしづらいという難点があったのですが、新型MX-30は前席用のシートベルトをリアドアに組み込むことで、後席へのアクセスを改善。

 後席のチャイルドシートに子供を乗せたり、後席に荷物を置くなど、さまざまな使い方に対応ができるドアに仕上げました。

 ただし、やはり不便な点もあります。ドアを開けるときはフロントドア→リアドアの順、閉めるときはリアドア→フロントドアの順で閉めないといけません。

 そのため後席の乗員は、リアドアを自分で閉められてもフロントドアは閉められず、また、下車時にドアを開けようとしても、フロントドアを先に開けないとリアドアが開けられないため、誰かの手を借りて外からドアを開けてもらうことになります。

 後席の乗員にとっては不便に感じるシーンもあるかもしれませんが、大開口の観音開きドアという昨今あまりない仕掛けは創造的です。

 開放感のある室内空間が広がるのはもちろんですが、ドアの仕組みがとても良く出来ているため、何度も開け閉めしたくなってしまい、不便さも楽しめるような魅力があるといえます。

 なお、通常のクルマには「チャイルドロック」が備わり、子供が内側から後席ドアやスライドドアを開けられないようにしていますが、新型MX-30では前述のように後席の乗員がドアを開けられない仕様になっているため、チャイルドロックは不要とされました。

【画像】希少な観音開きドア採用! マツダ新型「MX-30」がオシャレ!(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント