ホンダが「F1撤退」を決定! 7年目となる2021年シーズンで参戦終了 今後はエネルギー領域に注力へ

ホンダは、2015年からFIAフォーミュラ・ワン世界選手権に参戦していましたが、2021年シーズンをもってパワーユニットサプライヤーとしての参戦を終了することを決定したことを明らかにしました。

ホンダ、2021年シーズンでF1から撤退

 ホンダは、2021年シーズンをもって、FIAフォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)へのパワーユニットサプライヤーとしての参戦を終了することを決定したことを明らかにしました。

ホンダ、2021年シーズンでF1を撤退(2020 F1 第10戦 ロシアGPの様子)
ホンダ、2021年シーズンでF1を撤退(2020 F1 第10戦 ロシアGPの様子)

 ホンダは、世界最高峰の四輪レース、F1において、自らのエネルギーマネジメント技術をもって勝利することを目指し、2015年からチャレンジを開始していました。

 参戦当初は厳しい戦いが続いたものの、航空機エンジン技術の活用など All Hondaの総合力を発揮することで高い競争力を実現。

 また、Red Bull Racing(レッドブル・レーシング)、Scuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ 以下、アルファタウリ)との強いパートナーシップのもと、共に成長してきた結果、2019年シーズンは3勝、2020年シーズンも2勝を挙げるなど、大きな目標としてきた勝利を実現しました。

 一方、自動車業界が100年に一度の大転換期に直面するなか、ホンダは、最重要課題である環境への取り組みとして、持続可能な社会を実現するために「2050年カーボンニュートラルの実現」を目指すとしています。

 そのために、カーボンフリー技術の中心となる燃料電池車(FCV)・バッテリーEV(BEV)など、将来のパワーユニットやエネルギー領域での研究開発に経営資源を重点的に投入していく必要があり、その一環として、2020年4月に「先進パワーユニット・エネルギー研究所」も設立しました。

 F1で培ったエネルギーマネジメント技術や燃料技術、そして 研究開発の人材も同様に パワーユニット・エネルギー領域に投入し、将来のカーボンニュートラル実現に集中し取り組んでいくために、今回、F1への参戦を終了するという判断をしたといいます。

 なお、今後のモータースポーツ活動について、本田技研工業株式会社 代表取締役社長の八郷隆弘氏は次のように述べています。

「ホンダは、世界最高峰の四輪レース、F1で自らの持てるエネルギーマネジメント技術をもって勝利することを目指し、2015年からチャレンジを開始し、今年で6年目のシーズンを迎えています。参戦当初は性能や信頼性で苦戦し、厳しい戦いが続きましたが、航空機エンジンの技術を生かした性能向上や、量産技術を活用したエンジンの燃焼効率向上など、All Hondaの総合力を発揮することで競争力を大幅に高めることができました。

 将来、カーボンニュートラルを実現するために、今回大きく舵を切り、この新たなパワーユニットとエネルギーの研究開発に経営資源を集中していきます。その一環として、今回F1で培ったエネルギーマネジメント技術や燃料技術、そして人材を先進パワーユニットとエネルギーの研究開発に振り向けることにしました。こうして、さらに強化した研究開発体制の下、先進パワーユニットとエネルギー技術の創造、そして、将来のカーボンニュートラル実現に集中して取り組んでいきます。

 ホンダは、創業以来モータースポーツへの挑戦を通じて技術の進化と技術者の育成、そして、勝利を目指す熱い情熱を育んできました。レース活動はホンダのDNAです。これからも熱い想いを持って参戦しているカテゴリーでのNo.1を目指し、チャレンジすることに変わりはありません。

 ファンの皆さまのご期待に応えるべく、今シーズンの残り7戦。そして、2021年シーズンに向けては、よりパフォーマンスを高めた新しいパワーユニットも投入し、レッドブル・レーシング、スクーデリア・アルファタウリとともに、さらなる勝利を目指して最後まで全力で戦い抜きます(コメント一部抜粋)」

※ ※ ※

 2015年シーズンからF1に復活したホンダですが、自動車業界における大規模な変化によって、7年目のシーズンでF1から撤退することとなったのです。

【画像】ホンダの勇姿をささっと目撃する!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント