日産Zに続きトヨタも話題のスポーツカー披露! 環境・安全の時代になぜスポーツカーを作り続けるのか

トヨタ、日産が相次いでスポーツモデルをお披露目しました。トヨタは、ル・マン24の場で開発中の「GRスーパースポーツ」を走行。日産は次期型「フェアレディZ」を正式発表前に公開しています。昨今のスポーツモデルは、直接的な利益に繋がりづらいとされていますが、それでもなぜスポーツモデルを開発するのでしょうか。

スポーツカーが自動車産業を熱くする! トヨタ、日産渾身のスポーツモデルをお披露目!

 環境や安全の時代を迎え、性能を売りにするスポーツモデルが伸びる余地などないように思えるなか、自動車メーカーは次々とニューモデルを発表している。
 
 2020年9月16日に日産は、次期型「フェアレディZ」のデザインを公開。そして伝統のモータースポーツである「ル・マン24」のスタート日である同年9月19日、トヨタが究極のスポーツカーを走らせました。

スポーツカーが自動車産業を盛り上げる!? トヨタ・日産から登場予定の2台のスーパーモデル!
スポーツカーが自動車産業を盛り上げる!? トヨタ・日産から登場予定の2台のスーパーモデル!

 まだ正式な車名は公表されていないものの、トヨタ社内で(正確にはトヨタのGRカンパニー)「GRスーパースポーツ」と呼ばれているモデル。

 中身はほとんどレーシングカーといって良い。車体骨格を最新式戦闘機のようなカーボンで作っており、パワーユニットもル・マンで走っているレースカーに準ずる。販売予想価格2億円ともいわれています。

 レーシングカーを作っているドイツのTMGで生産し、販売台数は極めて限られるようです。

 どこで性能を発揮出来るかといえば、おそらくサーキットなどに持ち込まない限り不可能。いや、エンジンとモーターを合わせた最高出力は1000馬力級ともいわれており、平均的なレベルのドライバーだとサーキットですら限界に届かないかもしれません。

 今まで販売を前提に開発していることは公表されていたものの、市販に向けた実走可能なプロトタイプがお披露目されたのは初めてで、しかもオープンモデルだった。

 写真を見るとわかるけれど、ドライバーのヘルメットがフロントガラスより上に出ている。運転するアレックス・ブルツ氏は大柄のため、あえてオープンにしたのかもしれません。

 ところが助手席に座っているGRの村田チーム代表は標準的な身長(それでも同じに見えるのは座高の差ですね)。

 市販車は側面衝突をクリアしなければならないため、ある程度ドライビングポジションが高くなってしまうということなのかもしれません。

 いずれにしろナンバーを取得するとなれば、安全基準は満たさないとならない。もしかするとキャビン周辺は横幅や(あまりに左右席が近すぎると思う)、ルーフ形状など見直される可能性があります。

 ただ手作りに近いため、そういった変更は難しくないように思う。ちなみにGRスーパースポーツのべースとなった「TS050」は思い切り低い位置に、寝そべるような姿勢で座るため何の問題もないです。

 また、今回GRスーパースポーツも4WDであることが判明した。今まで駆動方式などすべて未公表。

 おそらくTS050と同じく前輪をモーター。後輪はモーター+エンジンということなんだろう。ハイブリッドで、モーターだけの走行も可能になっていると考えていい。今まで作られた自動車のなかで燃費と速さのバランスをもっとも高い次元で両立している。

【画像】トヨタ・日産のすげぇヤツをささっと見てみる!(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

13件のコメント

  1. トヨタのはスパーカーですよね! Zなら頑張れば買えそうですがトヨタは無理です。

  2. まあ、気にせずやってくれたまへ。
    私には関係の無い事さ。
    買わないんじゃないぜ、買えないんだぞw

  3. ですます調だったり口語文だったり、非常に読みにくい文章です。
    ブログでは無いので統一した表現で執筆していただきたいです。

  4. 軽トラだってスポーツに走れる時代に何やってんだ?

  5. 誰得?

  6. 以上、買えない方々の僻みでしたw

    • 買えるけど何か?印鑑証明など行政書類は期限内で常備してるけど、車庫証の手続き期間加味しても何処も売り込みとは逆に納期が遅いだけだよ

  7. もう時代は変わった。
    バブルのころぐらいまでは、ルマンとかのモータースポーツも実際エンジンをブン回すことで、娯楽以外にも工業製品の精度としての意味があった。
    今は工業製品としての精度が上がって、娯楽以外の意味ない。
    スポーツカーも性能が上がって、サーキットの持ち込まないと性能の半分以下しか出せないご時世では意味もないわな。
    多分うちのジューク1.6ターボですら、いじってなければサーキットでもリミッターが効いて限界まで性能を発揮できないことを考えれば、サイズにもよるが普通車なら1.5かリッターターボ、大きい車でも2リッターで十分な性能で、400馬力だ何とかだといっても、そもそも運転者の大部分がその車の能力を発揮できない程度しかないから無駄かつ危険な話なのでは?

    • 同じ車を2台用意して、実測軽量して諸元と照合して運転したら同じ車を2台作れない精度の悪さにぶち当たるよ
      その実測と完成検査証の差は優遇税制やエコカーの対象外になるほどの差だ
      新幹線の手荷物検査を拒んだJRと同じで面倒なことはやらないのが国土交通省の検査、審査だから緊急走行中の消防車が横転したり、プリウスが暴走するのは当たり前なのだ。

  8. 誰でも乗れないクルマって価値があるのでしょうか?
    スポーツカーに限って言えばトヨタ、ニッサンには期待してません。

  9. 今後車は、自動運転のカーシェアリングと趣味性の高い個人所有車の二極化が進むのでは?
    であれば、RVやオンロードスポーツモデルは、高級路線になって庶民の手からは遠退くことになるのでしょうね。

  10. トヨタ天狗商売だから大嫌いトヨタなんて倒産しちまえ

  11. 環境や安全の時代と言っても、普通に走る分にはバカでかいミニバンよりもスポーツカーの方が余程燃費がいいし、「公道は制限速度があるからスポーツカーは意味ない」って言う意見があるけど、一般人でも気軽にサーキットを走れるって事を知らない人が多すぎる気がする。