新生三菱第一弾! 新型「エクリプスクロス」PHEV搭載で2020年度中発売! 一新した外観をチラ見せ

三菱は、新型「エクリプスクロス」を2020年度内に発売する予定と発表しました。デザインを一新するとともに、同社2車種目となるPHEV(プラグインハイブリッドEV)モデルを新たに設定します。

デザインは激変!? 「新しい三菱デザインの第一弾」がまもなく登場

 三菱は、「エクリプスクロス」のデザインを一新するとともに、同社2車種目となるPHEV(プラグインハイブリッドEV)モデルを新たに設定し、2020年度内に発売する予定と発表しました。

 近年人気の高まるSUV市場に投入される新型エクリプスクロスPHEVには、どのような特徴があるのでしょうか。

三菱新型「エクリプスクロス」
三菱新型「エクリプスクロス」

 三菱は、2020年7月27日に発表した新中期経営計画「Small but Beautiful」で、エクリプスクロスにPHEVモデルを投入することを明言しており、今回の発表により、デザインを一新したうえでエクリプスクロスのPHEVモデルが投入されることが改めて明らかになりました。

 今回のモデルチェンジでは、フロントフェイスとリヤ周りのデザインを大幅に変更。上質感を高めながら、エクリプスクロスの特徴のひとつであるクーペSUVらしい流麗なフォルムを実現しています。

 新型「エクリプスクロス」のデザインについて、三菱のデザイン本部長である渡辺誠二氏は次のようにコメントしています。

「この新しいデザインは、コンセプトカー『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』のエッセンスを用い、従来から持つ力強さやダイナミックさをキープしつつ、クーペSUVらしい流麗さやエレガントさを強化しました。

 新型『エクリプスクロス』を、新しい三菱デザインの第一弾として位置づけています」

 また、前述のとおり従来のエンジンモデルに加えて新たにPHEVモデルを設定します。

 2013年の発売以来、グローバルで累計26万台以上を販売した、プラグインハイブリッドカテゴリーにおいて世界最多販売台数を誇る「アウトランダーPHEV」で磨き上げたPHEVシステムを「エクリプスクロス」専用に最適化して搭載。

「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」というお客さまの想いに応える電動SUVとしています。

 また、三菱は今回の発表にあわせて新型エクリプスクロスのスペシャルサイトをオープンしました。

 テールライトの一部とみられる写真や、シフトレバーとみられる写真を公開しているほか、新型エクリプスクロスの開発者が出演する動画も公開されています。

【画像】デザイン一新!? 新型「エクリプスクロス」を見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント