お値打ち900万円「i8」からミッレミリア常連「328」までBMWロードスター3選

夏のオークションでは、オープンカーの出品が増え、珠玉のクルマたちはマニアの目を楽しませてくれるのだが、2020年の夏には、BMWのエポックメイキングな3台のロードスターが出品された。それら3台の落札価格を見てみよう。

酷な審判が下された「i8ロードスター」

 夏のオート・オークションには、やはりオープンカーが良く似合う。それは誰もが認めるところだろう。

 こうした事情もあるのか、RMオークションもさまざまなオープンモデルを出品車として用意してきた。そのなかでも注目したいのは、BMW製の年代の異なる3台のロードスターだ。さっそく報告に入ろう。

●2018 BMW i8ロードスター

約910万円で落札された2018年式BMW「i8ロードスター」(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's
約910万円で落札された2018年式BMW「i8ロードスター」(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 まず紹介するのは2020年7月に開催された「オープンロード・ザ・ヨーロピアン・サマー・オークション」に出品されたBMW「i8ロードスター」だ。

 BMWによれば、i8シリーズは2013年からの約6年間に2万500台が生産されたというPHEVスポーツカーである。

 デビュー当初はクーペモデルのみのラインナップだったが、後にそのオープン仕様となるロードスターが追加されている。

 パワートレインの構成は、簡単に説明すれば前輪をエレクトリック・モーターで、後輪を1.5リッター直列3気筒ガソリンエンジンで駆動するというもの。モーターは143ps、エンジンは231psを発揮し、システム全体では374psのパワーが引き出されるという仕組みだった。

 ロードスターの最大の魅力は、やはり電動ソフトトップによるフルオープン機構だろう。そもそも未来的な感覚でまとめられたi8のボディだが、さらにトップが全自動で開閉することで、見る者の目はそれに引きつけられる。

 さらにi8ロードスターは、実用性をさらに高めるために、バッテリーの搭載容量をさらに増加。EVモードでの走行可能距離を53kmにまで延長している。

 今回のオークションでの落札価格は7万2600ユーロ(邦貨換算約910万円)。新車時の価格は2000万円をはるかに超える価格だっただけに、その値下がり率はあまりにも大きいというほかはない。

【画像】時代の寵児だったBMWのロードスターとは?(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント