500万円からディーラーで買える! チューナー「ABT」製ワンボックスEVとは?

VW&アウディのチューナーとして有名な「ABT」が、正規ディーラーで購入可能なワンボックスのEVモデルをリリース。日本でも発売したら売れそうな「ABT eトランスポーター 6.1」とは。

「ABT」はチューニングだけじゃない! EVモデルも開発

 VW&アウディ・グループのプロダクション・モデルをチューニングするブランドとしては、もっとも大きな規模と知名度を持つのが、「ABTスポーツライン」であろう。

 このABTスポーツラインは、いわゆるABTグループのひとつの子会社ともいえる存在だったわけだが、これまで同社には、そのほかにも今後のABTを支える重要な子会社が設立されていたことを知る者は少ない。2018年に設立された「ABT Eライン」社がそのひとつである。

WLTPによる航続距離は、モデルにもよるが、105kmから138km
WLTPによる航続距離は、モデルにもよるが、105kmから138km

 ABT Eラインは、2009年にはすでにその設立の検討が始められ、2013年には商用車のVW「キャディ」をベースとしたエレクトリック・ヴィークル(BEV)の試作に成功している。

 そして正式にABT Eラインが設立された後は、VWCV(VWコマーシャル・ヴィークル)のオフィシャル・プレミアム・パートナーとして、商用車のBEVへの改造をおこなっているのだ。

 そのABT Eラインから今回発表されたニューモデルが、「ABT eトランスポーター 6.1」と呼ばれるモデルだ。

 ベースとなるのは、商用車のVW「トランスポーター・コンビ」、または乗用車のVW「カラベル」として販売されているワンボックスのロングホイールベース車である。

 ABT Eラインが、まず大きな特長としてアピールしているのは、BEV化しても、最大で6.7立方メートルの貨物スペースは完全に保持することが可能であること。荷物を運ぶことがクライアントのほとんどの目的であるため、これは絶対に譲れない条件だった。

 最大積載量はトランスポーター・コンビでは1096kg、カラベルでは977kg。ブレーキ付きトレーラーは、最大1500kgまで積載が可能だ。

【画像】日本でも人気が出そうな「ABT eトランスポーター 6.1」とは(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント