トヨタ新型「ハイラックス」がワイルドすぎる! 新旧モデルはどこが変わった?

トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」が、2020年8月19日にマイナーチェンジしました。デザインや機能など、どこが進化したのでしょうか。従来モデルと比較してみます。

新たなフロントグリルでタフさを強調

 国内では唯一のピックアップトラックであるトヨタ「ハイラックス」が、2020年8月にマイナーチェンジを実施しました。

 新型ハイラックスはどこが変わったのでしょうか。従来モデルと比較してみました。

左:新型ハイラックス/右:従来型ハイラックス
左:新型ハイラックス/右:従来型ハイラックス

 新型ハイラックスの変更点として、外観のデザインが大きく変更されました。

 従来型のフロントグリルは、メッキの横基調のデザインでしたが、新型ハイラックスは下に広がる台形の大きなグリルを装着。厚みを増した造形で、ワイルドさを表現しています。

 新型ハイラックスのフロントデザインは、北米で販売されている「タコマ」や「タンドラ」といったトヨタのピックアップトラックと共通化されていますが、日本専用のバンパーガードガーニッシュを採用することで、よりアクティブなイメージが強調しています。

 なお、国内で2018年に設定された特別仕様車「Z ブラックラリーエディション」でも、同様のデザインが採用されていました。

 さらに、ヘッドライトはBi-Beam LED化され、先進的な表情も演出するとともに、テールランプの形状も変更されています。

 内装に大きな変更はありませんが、エントリーグレードの「X」にも、自発光式のオプティトロンメーターと4.2インチTFTカラーマルチインフォーメーションディスプレイが設定され、視認性が向上しました。

 また、メーターリングにメッキが使用されるなど、タフなイメージを表現しています。

【画像】大型グリルでワイルド感アップ! ハイラックスの新旧モデルを見比べる(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント