次期型「エクストレイル」いつ出る? 苦戦強いられる現行モデルの現状とは

日産「エクストレイル」の苦戦は続く? 次期型エクストレイルが登場するまでは辛抱するしかないのでしょうか。

都会派SUVの勢いに屈した元ナンバー1

 日産のSUVラインナップとして約20年の歴史を誇る「エクストレイル」。かつてSUVジャンルNo.1にも輝くほど人気でしたが、最近では販売台数が右肩下がりだといいます。
 
 なぜエクストレイルの人気は低迷しつつあるのでしょうか。

2020年6月に北米で発表された日産の新型「ローグ」(北米仕様)
2020年6月に北米で発表された日産の新型「ローグ」(北米仕様)

 2000年11月に発売された初代エクストレイルは、昨今のSUVブームの火付け役ともいえる存在で、アウトドアで映えるワイルドなデザインに、オフロード走行を重視した本格的なSUVとして人気を博しました。

 2013年に登場した現行モデルとなる3代目は、初代、2代目のスクエアなデザインから流行りの丸みを帯びた形状になったものの、オフロード走行を重視した機能を備えていたこともあり、登場後暫くはSUV市場をけん引する存在として人気がありました。

 そんな、長年に渡りSUV市場をけん引してきたエクストレイルは、現在も日産を代表するモデルですが、新たな流行の波によってその人気が低下してきています。

 日本自動車販売協会連合会の軽自動車をのぞく新車販売台数ランキングによると、エクストレイルは2020年上半期(1月から6月)では1万1163台を販売して32位です。

 2019年の同時期と比べ49.4%まで落ち込んでおり、新型コロナウイルスの影響があるため一概に比較できないものの、大きく下落しています。

 この落ち込みの要因としては、エクストレイルと同じクラスの2019年4月に登場したオフロード系SUVのトヨタ「RAV4」や2020年6月に登場した都市型SUVのトヨタ「ハリアー」といった直接的なライバル勢の存在があります。

 それ以外にも、エクストレイルよりクラスが下に位置するSUVとして、2019年10月にマツダ「CX-30」、11月にトヨタ「ライズ」ダイハツ「ロッキー」、2020年6月には同じ日産から「キックス」といったコンパクトSUVの需要が高まっていることも要因です。
 
 また、それ以前から発売されているトヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」、マツダ「CX-3」などもSUV市場では人気なため、これら多数のライバルSUVがエクストレイルの販売面に影響していることが考えられます。 

 最近のエクストレイルについて、日産販売店スタッフは以下のように話しています。

「最近は、都会派SUVの人気は高く、エクストレイルにも影響が出ています。

 エクストレイルの購入を検討しているお客さまはハリアーやヴェゼルといった、いわゆる都会派SUVと比較されることが多く、そちらへ流れてしまうということもあります。

 そのほか、弊社のモデルでは、サイズ感こそ異なりますが、6月に発売されたSUVのキックスと悩まれるお客さまもいらっしゃいます」

※ ※ ※

 日産が約10年ぶりの新規モデルとして発売した新型キックスはエクストレイルよりもひと回り小さなSUVです。

 そのことから新型キックスのほうが扱いやすいサイズに加えて、電気自動車のような運転感覚が好評な「e-POWER」を搭載していることもあり、新型キックスに興味が移り変わっているユーザーも少なくないといいます。

【画像】新型エクストレイルが見えた!(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント