1500台限定のレクサス新型「ESブラックライン」が超クール! V6搭載のスポーティセダン

レクサスの北米法人は、「ES」の2021年モデルに特別モデル「ブラックライン」を設定し、1500台限定で生産すると発表しました。いったい、どんな特別装備があるのでしょうか。

ブラックパーツを装着! レクサス「ES」が精悍な雰囲気に

 レクサスの北米法人は、「ES」の2021年モデルに特別モデル「ブラックライン」を設定し、1500台限定で販売すると発表しました。精悍な雰囲気をまとったES ブラックラインは、いったいどんなセダンなのでしょうか。

レクサス「ES350ブラックライン」
レクサス「ES350ブラックライン」

 ESは、日本仕様では2.5リッター直列4気筒+モーターのハイブリッドシステムを搭載した「ES300h」のみのラインナップですが、米国市場ではES300hに加え3.5リッターV型6気筒の「ES350」をラインナップ。

 今回、ブラックラインが設定されるのはES350になります。

 ES350ブラックラインは、「F SPORT」グレードがベースで、アウターミラーやアルミホイール、リアリップスポイラーなどがブラックでコーディネートされます。

 ボディカラーは、ウルトラソニックブルーマイカ2.0、オブシディアン、ウルトラホワイトの3色で、内装は白と黒のコントラストが印象的なシートが装備されます。

 また、ブラックラインシリーズの展開にあわせて、ゼロハリバートンによるレクサス専用の2ピースのトラベルケースセットも用意されています。

※ ※ ※

 今回、レクサス北米法人が発表したESの2021年モデルでは、ES初となる4WDシステムを搭載した「ES250 AWD」の追加もおこなわれています。

 2.5リッターエンジンが搭載され、4WDシステムには「ダイナミック・トルク・コントロールAWD」を採用。

 発進時の加速や前輪のスリップに応じて、エンジントルクの最大50%を後輪に振り分けることが可能なシステムで、悪天候や滑りやすい天候でも効果的なトラクションを発揮します。

 2021年モデルのESは、2020年の秋からディーラーで取り扱いが始まる予定です。

レクサス・ESのカタログ情報を見る

【画像】ヤバッ! カッコよすぎるスポーツセダン「ES350ブラックライン」を画像で見る(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 本来は4気筒のガソリンエンジンがキャラの車なんだけどね、最小回転半径も如何にFFとは言え上級のGSやLSより小回り効かないとか酷すぎるな。
    昔、カムリグラシアと言う車があったが、高級車ならグラシアのほうが高級車なんじゃないかな?

  2. 日本には来ないだろうし、来たとしても売れないだろうなぁ…やっぱりGSだよ

  3. 日本には来ないだろうし、来たとしても売れないだろうなぁ…やっぱりGSだよ