コロナの影響がクラシックカーに波及!? フェラーリ「275GTB」の落札価格に異変あり

クラシックカーの市場価格のひとつの指標となるのが、フェラーリのクラシックモデルだ。これまで高値で安定していたクラシックフェラーリだが、新型コロナウイルスの影響のためか、落札価格が予想よりも大きく下回る事態が発生。フェラーリ「275GTB」の落札価格から、市場の動向を考察してみた。

オークションで、フェラーリ「275GTB」が2億円割れ

 やはり、新型コロナウイルスによる経済の先行き不安の影響なのか。それともクラシック・フェラーリ自身のバリューがすでに頂点を超えてしまったのか。

 2020年7月22日開催されたRMサザビーズの、「オープンロード・ヨーロピアン・サマー・オークション」での、あるロットのリザルトを見て、世界中の多くのオークション・ウォッチャーは愕然としたのではないだろうか。

●人気モデルのロングノーズ、アロイボディ仕様でも応札が減少

クラシック・フェラーリのオークション落札価格は、クラシックカーの相場の大きな指標となる(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's
クラシック・フェラーリのオークション落札価格は、クラシックカーの相場の大きな指標となる(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 RMサザビーズが、事前に予想落札価格を170−190万ユーロ(邦貨換算約2億108万円−2億3560万円)と発表していた、人気のクラシック・フェラーリ「275GTB」が、その数字には大きく届かず143万ユーロ(同1億7732万円)で入札を終了したのである。

 予想落札価格に届かなかった理由は、いくつか考えられる。

 今回のオークションは、コロナ禍ということで、これまで同様にオンラインでおこなわれたこともあり、詳しく出品車のコンディションを調べることができなかった。まず、これは大きな理由のひとつだろう。

 そして実際に落札した場合、車両をスイスまでピックアップに行かなければならないことも理由に挙げられる。

 また、会場で開催されるオークションの場合は、独特の熱気にのまれて落札価格が釣り上がるケースもあるが、オンラインのオークションでは冷静に入札できるということも理由にあるだろう。もちろん、コロナ禍によって、クラシックカーの価値そのものが今後も維持されるのか否か、不安に感じていることも落札価格に影響しているだろう。

 このように、さまざまな理由が重なったという事情はあったにせよ、275GTB、しかもコレクターには人気のロングノーズ&アロイボディ仕様に、これだけの応札しかなかったのには、改めて驚かされるところだ。

 クラシックフェラーリの価格は、クラシックカー業界全体の指標にもなることもあるため、275GTBの落札価格が想定以上に低かったことは、大きなショックである。

【画像】2億円超えは当たり前だったフェラーリ「275GTB」とは(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント