なぜスペーシアは人気? 街乗りからアウトドアまで三者三様の個性が魅力だった

スズキ「スペーシア」は、フルモデルチェンジから3年が経過する現在もなお、好調に売れ続ける軽ハイトワゴンのひとつです。なぜ、その人気は衰えないのでしょうか。

フルモデルチェンジから3年経過した今もスズキ「スペーシア」が売れ続ける理由とは?

 軽ハイトワゴンのなかで、ホンダ「N-BOX」に次いで人気を集めているのが、スズキ「スペーシア」です。
 
 全国軽自動車協会連合会によると、スペーシアの2020年上半期における販売台数は6万5323台で、軽自動車全体で2番目の販売台数を誇っています。

標準、カスタム、ギア、三者三様の魅力を持つスペーシア
標準、カスタム、ギア、三者三様の魅力を持つスペーシア

 スペーシアの初代モデルは2013年に登場し、標準モデルの「スペーシア」、「パレットSW」の後継車として誕生した「スペーシア カスタム」、追加モデル「スペーシア カスタム Z」が展開されました。

 その後、2017年にフルモデルチェンジを遂げ、2代目となる現行モデルが登場。初代モデルから引き継がれる「スペーシア」、「スペーシア カスタム」に加え、2018年にはSUVテイストを加えた派生モデルとなる「スペーシア ギア」も追加されます。

 では、2017年のフルモデルチェンジ以降、スペーシアの販売動向はどのように変化しているのでしょうか。

 フルモデルチェンジを遂げた2017年の販売台数は、11万3691台(6位)。2018年は15万8397台(2位)、2019年は15万9799台(3位)との結果です。

 この数値からも、フルモデルチェンジから3年が経過する現在も、好調な販売台数を誇っていることが分かります。

 では、なぜスペーシアは、今もなお人気が衰えることなく売れ続けているのでしょうか。スズキ販売店の担当者は、次のように話します。

「スペーシアのように背の高いトールワゴンは、軽自動車の中でも主力となります。さらに、スペーシアは高い安全性を誇るほか、燃費のいいハイブリッド車であるといった点からも多くのユーザーの支持を集めています。

 高さがある分、広々とした居住空間を確保でき、スライドドア式で乗り降りもしやすいので、おもに家族連れや高齢者からのニーズが高い傾向にあります」

 また、スズキ販売店によると、スペーシアよりもスペーシアギアのほうが好調な販売台数を誇っているといいます。

 スペーシアギアは、現行スペーシアよりも1年遅れて登場し、販売から2年弱という新しいモデルという点も、多くの人から支持を受ける理由となっているようです。

 また、いま流行りのSUVテイストが採り入れられているほか、全車にスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が搭載されていることで、より安全性の高いクルマとして展開されていることも、人気を集める理由のひとつです。

スズキ・スペーシア のカタログ情報を見る

【画像】どれにする? 魅力溢れるスペーシアをささっと見る!(67枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント