まだ1年待ち!? ジムニーの長い納期 ライバル勢登場でユーザーは心移りしない?

スズキ「ジムニー」がデビューして2年が経ちましたが、その納期は依然として1年以上かかるとされています。納期が縮まらない理由には生産上の都合のほかに、スズキの企業理念が影響しているようです。

ジムニー納車までいまだ1年待ち…一体なぜ?

 スズキ「ジムニー」は2018年7月にフルモデルチェンジを果たしました。当初から納期の長さが話題となっていましたが、スズキの販売店に確認すると、フルモデルチェンジから2年経った2020年8月時点でも、納車までに1年3か月ほど掛かるとしています。

納車1年待ちでも構わない! 多くのファンに愛されるスズキ「ジムニー」
納車1年待ちでも構わない! 多くのファンに愛されるスズキ「ジムニー」

 もちろん、新型コロナウイルスの影響も少なからあり、海外から調達している部品が不足し、2020年4月には国内工場のすべてが操業停止となっていました。

 しかし、新型コロナウイルスの影響はジムニーに限った話ではありません。ジムニー特有の事情として、スズキの販売店は「おもに海外を中心に想定を上回る需要があり、生産が追いついていない」と説明します。

 単純に考えれば、これほどまでに人気なのであれば、生産台数を増やせばよいと思うかもしれません。納車までに1年もかかるというのは、メーカーの怠慢と思うユーザーもいるでしょう。なぜそれができないのでしょうか。

 現在、ジムニーおよびジムニーシエラは、海外向けを含めた全数を静岡県の湖西工場で生産されています。しかし、湖西工場で生産しているのは、ジムニー/ジムニーシエラだけではありません。

 湖西工場では「アルト」「ワゴンR」「ハスラー」といった主力の軽自動車を生産しています。ジムニーの生産を増やすということは、こうした主力車種の生産を減らすということにもなるのです。

 スズキの販売店は次のように話します。

「ジムニーシリーズは確かに人気ですが、どちらかというと現状は趣味のクルマとしての需要が高いです。一方で、アルトやワゴンR、ハスラーをお求めになるのは、日常の足として今すぐに必要とされている人です。スズキには、『地方の移動を支える』という理念があるため、そうしたクルマの生産を優先しています」

※ ※ ※

 確かにジムニーは人気という印象ですが、絶対数でいえばアルトやワゴンR、ハスラーといった主力車種に遠くおよびません。

 ジムニーを優先させた結果、ほかのクルマの生産が減ったり滞ったりすることは、スズキの理念に合わないということのようです。

 もちろん、ジムニーも趣味のためのクルマではなく、林業従事者など日常的に悪路などを走るユーザーが想定されています。

 そうしたユーザーを必要以上に待たせることのないよう、スズキではインド工場でもジムニーを生産し、供給量を増やす努力をしています。

【画像】ブラジル製のジムニーがカッコよすぎる!(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 納期一年なんてのは明らかな怠慢
    こーいう怠慢が中古市場の怠慢を連鎖させるんだろ
    ラダーフレームだろうが生産容量だろうが一年という納期は年中改良と言う仕切りも被ってくるので納期のめどがついたら値引きに対応するとか調印時期をずらすか契約要項を変える配慮も必要だろ
    因みに現行クラウンは発売から僅か2ヶ月で防音材などの改良を施しました。
    これに似た現象が初代セルシオで私は半年以上は待てないので結果初代が末期モデルになるころに納期1ヶ月で納車してもらいました。

    • 他の車種?SUZUKIの醜い嘘ですよ。
      こいつら増産分を儲かる海外に廻してるだけの話です。
      輸出用の港湾はジムニーだらけです。w
      怠慢を越して裏切りですね。

  2. 何?この糞記事。
    またぴーコックぶるーKKか。
    糞記事書き略?。
    くるまのニュース共々廃業しろ。

  3. 見込み生産と買い貯めする販売店の犯罪だよな。
    だから実際に買って乗るユーザーに現物が届かない現実?、譲渡証明の規準がユルユルだからこーなる。

  4. 私は2019年4月にジムニーを発注して、15か月以上経過した2020年8月に、ようやく納車しました。皆が同じ程度待つなら納得もしますが、地域(一次代理店)ごとの割当がアンバランスすぎる為、早い地域と遅い地域とで4か月も納車時期に差が発生しています。一般的に納期が遅れれば遅れる程、顧客満足度は下がるものですし、スズキに対する信用度は私の中ではゼロになりました。