関東はライズ? 関西はハリアー? 地域で異なるトヨタのSUV人気とは

トヨタは、街乗り重視の「ライズ」から本格派SUV「ランドクルーザー」まで数多くのSUVをラインナップしていますが、全国の地域別では人気のSUVに違いはあるのでしょうか。

トヨタが展開するSUVモデルの人気順を大公開!

 近年のトヨタは続々とSUV展開しています。2015年時点では5車種のみだったものの、2020年夏時点には「ライズ」、「C-HR」、「RAV4(RAV4 PHV)」、「ハリアー」、「ハイラックス」、「ランドクルーザープラド」、「ランドクルーザー」など8車種のSUVをラインナップ。さらに、2020年9月初旬には新型SUVとして「ヤリスクロス」の販売も予定されています。

地域で異なる? トヨタSUVの人気
地域で異なる? トヨタSUVの人気

 日本自動車販売協会連合会が発表する2020年上半期(1月から6月)の販売台数では、1位ライズが5万8492台、15位RAV4は2万7215台(RAV4 PHV含む)、19位C-HRは1万8389台、28位ハリアーが1万3770台(先代モデル含む)、34位ランドクルーザーは1万501台(プラド含む)となっています。

 トヨタが展開するSUVのなかでの一番人気は、トヨタの最小SUVライズです。ライズは、2019年11月にダイハツ「ロッキー」のOEM車として登場しました。

 RAV4さながらのタフなイメージを象徴するデザインでありながら、全長4m以下に設計することによって日本の道路事情にも十分マッチする車種です。

 続いて、2番目に人気を集めているのは、本格オフロード性能を備えたRAV4です。2019年4月に登場以来、トヨタ車では10年ぶりとなる「2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した車種となりました。

 3番目は、コンパクトSUVのC-HRです。2016年12月に登場以降、2017年に11万7299台、2018年に7万6756台を販売しており、2年連続でもっとも多く販売されたSUVとなりました。

 4番目の人気を誇るのが、元祖ラグジュアリーSUVとしても知られるハリアーです。1997年に初代モデルが販売され、2020年6月には4代目となる新型ハリアーが発売。歴代ハリアーのラグジュアリー性を正常進化させたデザインが人気を集めて、先行予約開始から約2週間で2万台を受注するなど大きな話題となっています。

 そして、5番目に人気となったのが、トヨタを代表する最強SUVのランドクルーザーとランドクルーザープラドです。

 では、これらのトヨタSUVについて、ユーザーはどのように評価しているのでしょうか。関東圏のトヨタ販売店は以下のように話します。

「デザイン性で選ばれる人には、ランドクルーザープラドが人気です。ただし、ボディサイズが大きいため、都心の狭い道幅になると運転に自信がある人でないとハードルが少し高くなります。

 そのため、あまり運転に自信の無い人や駐車場の制限によって、ライズのようなコンパクトSUVも需要が高いです。

 一方、都心であまり選ばれることが少ないのはC-HRです。ちょうどいいサイズではありますが、駐車場などのスペースによってはギリギリOKかNGかは状況によります。

 実際に、今の住まいではOKでも、引っ越し先ではサイズオーバーであることがわかり、他車種を検討することになったというお客さまもいます」

【画像】どれが好き?ライズからランクルをささっと見る!(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント