カウンタックのエンジンを搭載したSUV、ランボルギーニ「LM002」がオークションに出品!!

ランボルギーニ製SUVの元祖「LM002」が、オークションに出品。予想落札価格に届かなかった理由とは?

ランボルギーニのなかでもバカ売れ「ウルス」の先祖ともいえる「LM002」

 ランボルギーニのSSUV(スーパースポーツ・ユーティリティ・ヴィークル)、「ウルス」のセールスが絶好調だ。2017年の12月にセールスを開始して以来、日本にもその約1年後に上陸を果たしたウルスは、2020年7月には生産累計が1万台という数字に達した。

 これはもちろんランボルギーニにとって過去にはない偉大な記録だ。

ウインチも装備され、悪路での走破性の高さが伝わってくる(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's
ウインチも装備され、悪路での走破性の高さが伝わってくる(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 そのウルスの前身ともいえるモデルが、30年ほど前に誕生していたことを、ランボルギーニのファンならば間違いなく記憶しているだろう。

 アメリカの陸軍向け車両として、MTI社ともに開発を進めるも、その途中で特許問題からランボルギーニの手を離れざるを得なかったプロトタイプの「チータ」を祖に、その性能をオフローダーとして生かしたV型12気筒仕様の「LM001」、「LM002」(後のLM002とは別物である)、「LMA」(ここからエンジンの搭載位置はフロントになる)、「LM003」、「LM004」とさまざまなプロトタイプが企画、製作され、1986年にはついに生産型の「LM002」がブラッセル・ショーで正式に発表されることになる。

 現代のウルスの姿とこのLM002との間には、フロントフェンダー上の三角形のエアアウトレットなど、確かに両車の間に伝統的なつながりがあることが分かる部分がある。

 LM002のボディはピックアップスタイル。リアのデッキには荷物を搭載するか、2名のパッセンジャーを乗車させることができる。キャビンはとりわけ横方向では広くなっており、それはボディ中央を前後方向にフレームが貫いていることの証明でもある。

【画像】ランボルギーニが最初につくったSUVとは?(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント